玉城ティナ、小関裕太の印象を語る「面白いんだもん。笑っちゃう。たぶん、小関さんは天然だと思います」

6月23日(土)10時0分 AbemaTIMES

 累計発行部数222万部を突破した遠山えまの大ヒット少女漫画『わたしに××しなさい!』の劇場版が6月23日から公開される。人気のウェブ小説家でありながら恋愛経験ゼロの女子高生・氷室雪菜は、恋愛小説を書くために学校1のモテ男子・北見時雨を疑似恋愛の相手に選び、恋愛ミッションをスタート! しかし、ミッションを続けていくうちに彼の裏の顔がわかってきて……。今回、W主演を務め、ドキドキのミッションを演じきった雪菜役の玉城ティナと時雨役の小関裕太にお互いの印象について直撃した。

——お二人は初共演ということですが、相手役が判明したときの感想と、実際に共演してみての印象を教えてください。


玉城:小関さんが相手役だとわかったときにネットで検索したんです。ものすごく爽やかな笑顔の写真がたくさん出てきて、まずは安心しました。実際に会ったときも、いい意味で期待を裏切らない本当に爽やかな人でした。最近は映画の取材を通して、芝居をしていない小関さんを知っていくうちに、めっちゃ面白い人だなと気づきました。言葉のチョイスとか着眼点が独特なんです。


小関:そう言ってもらえるとうれしいです! 普段話していると、言っている意味がわからないとか言われちゃうことが多いんですけどね(笑)。僕は、ティナちゃんに対してはモデルのイメージが強くて、実際にお会いするまでどんな雪菜を演じるのか想像しきれずにいました。初めて会った瞬間に役柄にぴったりだと思いました。撮影中は、玉城ティナというよりは、ずっと雪菜だった。そんな感じです。


——近い距離でお芝居をされて、お互いに刺激を受けることはありましたか?


玉城:この映画はポップにとらえるかたも多いと思うんですが、実は役柄の裏と表を描いていて、人間が成長していく物語でもあります。小関さん本人には裏表はなさそうだけど、カメラが回った瞬間に時雨の裏側もしっかり表現するのはすごいなと思いました。


小関:一つのミッションをやるにしても、僕は相当労力が必要だったのですが、ティナちゃんは全く疲れを表に出すことがなくて、芯がしっかりしたパワーのある女優さんだなと思いました。あとは、台本に書かれていることだけでは普通の人が想像しきれないような雰囲気、仕草があって。それがものすごく魅力的でした。


玉城:私は、小関さんの現場での立ち振る舞いも勉強になりました。今回、私は映画主演が初めてだったので、どうやって周囲とコミュニケーションをとればいいのかなと考えていました。そんなときに、小関さんは自然に馴染んで座長としてみんなを引っ張っていました。


小関:うれしいなあ。でも、実際に引っ張っていたのはティナちゃんだよ。堂々とした演技で疲れを見せずに。

——撮影中に、お二人でお芝居についての話をすることはありましたか?


玉城:そういうの恥ずかしくてできないんですよ。


小関:話をせずとも、ティナちゃんがずっと雪菜でいてくれたから、そこに頼っていました。アプローチすれば必ず芝居で返ってくるし。安心してお芝居できました。


玉城:それ、撮影中に言ってほしかったです(笑)。そうしたらもっと緊張がほぐれたと思う。


小関:緊張してたの?


玉城:してたよ。


小関:いつも堂々としてるからわからなかった。


玉城:顔に出ないだけなんです。でも、一緒にこうして取材を受けたときに言ってもらえて、いまさらながらホッとしています。


——取材期間でぐっと距離が縮まった感じでしょうか?


小関:そうですね。撮影中はずっと雪菜だったので、玉城ティナちゃんと話をしたのは取材のときが初めてです。いつも僕の言ったことがツボに入ってくれるみたいで。


玉城:だって面白いんだもん。笑っちゃう。たぶん、小関さんは天然だと思います。


小関:いいのか悪いのか……。実はそこは改善したい点でもあるんですけどね(笑)。

——最後に作品の見どころやご自身のココを見てほしい!という部分を教えてください!


玉城:私は恋愛経験ゼロの女の子の心情の移り変わりを意識して演技しました。表情や息遣い、高揚感、自分が変わってしまうかもしれない恐怖などを表現したので、そこを見てもらえたらうれしいです。


小関:この作品は少女漫画が原作で、キュンキュンするシーン満載の作品です。その一方で、S対Sの恋愛という今までにないシチュエーションを描いているのが面白いところだと思います。僕自身はSの男子を演じるのが初めてなので、そんな挑戦にも注目してほしいです!


——ありがとうございました!

(C)遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会


『わたしに××しなさい!』は6月23日(土)より新宿バルト9ほか全国公開 


テキスト:氏家裕子

写真:野原誠治

AbemaTIMES

「玉城ティナ」をもっと詳しく

「玉城ティナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ