吉沢亮「本当に光栄」“コーダ”演じた『ぼくが生きてる、ふたつの世界』上海で熱い反応

2024年6月23日(日)19時0分 シネマカフェ

『ぼくが生きてる、ふたつの世界』上海国際映画祭 ©五十嵐大/幻冬舎 ©2024「ぼくが生きてる、ふたつの世界」製作委員会

写真を拡大

吉沢亮、呉美保監督らが『ぼくが生きてる、ふたつの世界』のワールドプレミア上映のため上海国際映画祭に参加。計3回の上映はチケット発売とともに即日完売となり、観客から大歓声で迎えられた。

6月14日(金)〜23日(日)、中国・上海で開催された第26回上海国際映画祭コンペティション部門に正式出品された本作。

主人公・五十嵐大を演じる吉沢さん、大の母親・明子を演じる忍足亜希子、呉監督、山国秀幸プロデューサーが映画祭にあわせて現地入り。6月21日(金)にはワールドプレミア上映と観客とのQ&Aや記者会見を実施、さらに22日(土)にはクロージングレッドカーペット、授賞式に参加した。

呉監督、『Coda コーダ』からの影響明かす「勉強になることがたくさん」
映画祭期間中、計3回(約1,200席)の正式上映がチケット発売とともに即日完売するほど現地での注目度が高まるなか、Shanghai Film Art Centerにて行われたワールドプレミアには吉沢さん、呉監督、山国プロデューサーが参加、満員の観客とともに鑑賞した。

きこえない母ときこえる息子の繊細に紡がれる物語に涙を流す観客も多く、また時折笑いが起こるなど会場中がスクリーンに没頭。エンドロールに入ると、会場全体が大きな拍手で包まれた。舞台挨拶では冒頭、呉監督と吉沢さんが自己紹介をそれぞれ中国語で挨拶を披露すると、歓声があがり、続いて司会者からの「吉沢亮さん、デビュー15周年おめでとうございます!」という言葉には観客からも大きな拍手とお祝いの声が沸き起こった。

吉沢さんは「僕がアクターを始めて15周年ということで、そんな記念すべき日に、こうやってたくさんの方に、この中国という場所で、みなさんとお会いできて、こうやって温かく迎えて頂いて、本当に幸せな日だなと。すごく嬉しいなと、喜びをかみしめております。(中国語で)謝謝!」と笑顔でコメント。

また、呉監督は、アカデミー賞を受賞したアメリカ映画『Coda コーダ あいのうた』からの影響についての質問に、「私も『Coda コーダ あいのうた』(以下『コーダ』)が大好きで、何度か鑑賞させて頂いているんですけれども、この『ぼくが生きてる、ふたつの世界』に関しては、『コーダ』が日本で公開する前に企画を始めているんですね」と明かす。

「そして、『コーダ』が公開されて、タイミング的にも、勉強になることがたくさんありました。そのひとつとしては、ろう者の役を本当のろう者の俳優さんにやって頂くということが、すでにされていたので、これはアジアという場所でも、ぜひとも実践をしたいなと思いました」と熱く回答。

本作で、コーダの役どころを演じた吉沢さんは、出演を決めた経緯について「呉監督の過去の作品が大好きで、何回も観させて頂いていて、いつか、呉監督とご一緒したいなとずっと長年思っていました。そのタイミングで、今回お話を頂いて、ものすごくチャレンジングな役ではあるなとは思いつつ、その演じている役の状況だったり、まわりの環境はとても特殊ではあるんですけど、この作品で描いているのは、ものすごく普遍的な親子の関係というか、反抗期的なものであったり、でもその中に垣間見れる親子の愛みたいなことが、とても愛おしく感じて。すばらしい作品だなと思ったので、是非やらせてくださいと受けさせて頂きました」と答えると、会場からは再び大きな拍手が!

舞台挨拶の後半、観客とのQ&Aでは続々と手が上がり、「自分が演じた役の中で一番気に入っている役はどれか」という吉沢さんへの質問には「(『東京リベンジャーズ』で演じた)マイキーとか聞こえてきて、中国の方にも伝わっているんだなと、なんだかすごく勝手にうれしい気持ちになりました」と話したうえで、「どの役もお話しを頂いて、すごく大好きだなと思ったからやらせて頂いていますし、どれが一番っていうと、なかなか難しいです」と回答。

「全部好きですけど、でも本作の『大』という役は、今まで演じさせて頂いた中でも、もちろん手話だったり、コーダっていう環境だったり、事前に準備しないといけないことがすごく多かった分、なんだか愛着があるといいますか、作品を含めて、“五十嵐大”は、すごく大好きな役だなと思います」と話した。

さらに、デビュー作から全て観ているという熱烈なファンからの「映画でベスト5を教えてほしい」という質問には「ベスト3にしましょうか」として考え込む吉沢さんに会場中が興味津々。「No.3は〜」という度に歓声があがり、ラストのNo.1は「『ぼくが生きてる、ふたつの世界』!五十嵐大!」と即答し、会場は大盛り上がり。観客の温かく熱い反応に、喜びいっぱいのワールドプレミアとなった。

吉沢亮「幸せな気持ち」上映ふり返り、公式記者会見に参加
さらに6月21日(金)公式記者会見に参加。現地メディアから映画祭参加の感想を聞かれると、吉沢さんは「今回初めて上海国際映画祭に参加させていただいて、すごい緊張していたのですが、ワールドプレミアでお客さんたちと一緒に映画を見させてもらい、すごく良いリアクションをしてくれていたし、このシーンで笑ってくれるんだなぁとか、幸せな気持ちでした。舞台挨拶の時もとても温かい声援をくださって、来てよかった、本当に光栄だなと思いました」と笑顔。

続いて、手話取得の苦労を問われると、「2か月くらい前から、手話の練習はさせていただきました。その中でただセリフの手話を覚えればよいだけでなく、相手の言っていることをきいて、それに表情でリアクションしたり、手話の中でも例えば『大丈夫』ということも、表情にのせることによって疑問形になってくるとか、表情管理も手話の表現になるという点がすごく大変でした」と述懐。

「演技の上手い下手以前に、ちゃんと会話が成立している、という空気感がこの作品にはどうしても必要だったので、どうやってみせていくか、僕がどれだけ手話を上達できていくかが大変ではありました」と明かす。

その努力には呉監督も、「手話を教えてくださる手話チームのプロの方たちが、みな驚くくらい吉沢さんのセンスがいいと言ってました。そして彼はあまりみせてないですが実はすごく努力をしてくれたのではないかと思います」と話した。

そして、呉監督は本作がコンペティション部門に選ばれたことについては「それはもう、すごく嬉しいです。映画を作るということは、そもそもなかなか誰でもできることではないので、そんな贅沢なことをさせて頂いて、この映画が日本のみならず、まずは上海で、世界に発信できるということ、さらに、それがメイン・コンペティションに選ばれたことがすごく嬉しい」とコメント。

「しかも今年の審査員長がトラン・アン・ユン監督というのは、もうちょっと震え上がってしまって、もう嬉しすぎて大興奮で来ました。そしてただただここで上映して頂く、こうやって、たくさんの方に観て頂いて、また感想などを聞くことができるっていうことで私は満足です」と感激の面持ちだった。

現地記者が日本語で「すばらしい」と感想を伝える姿もあり、大変熱のこもった質問の数々に呉監督、吉沢さんともに言葉を尽くして答える様子が印象的。

翌6月22日(土)のクロージングレッドカーペットには、吉沢さん、忍足さん、呉監督、山国プロデューサーが参加。吉沢さんは黒のタキシード、忍足さんは青のドレス姿で、吉沢さんが母・明子役の忍足をエスコートしながら登場。多くの報道陣に晴れやかな笑顔で応えていた。

『ぼくが生きてる、ふたつの世界』は9月20日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開。

シネマカフェ

「上海」をもっと詳しく

「上海」のニュース

「上海」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ