『猫は抱くもの』吉沢亮、沢尻エリカとの共演に「完全にペットを見ている目だったので、甘えっぱなしでした」

6月23日(土)20時28分 映画ランドNEWS

猫は抱くもの

映画『猫は抱くもの』初日舞台挨拶が23日、都内・新宿ピカデリーにて行われ、沢尻エリカ吉沢亮峯田和伸コムアイ水曜日のカンパネラ)、犬童一心監督が登壇した。


猫は抱くもの


推理小説「猫弁」シリーズで知られる大山淳子の同名小説を原作とする本作は、思いどおりの生き方ができず、いつしか心に孤独を抱えてしまった30代女性と、自分を彼女の恋人だと信じて疑わない猫との関係を描いた物語。監督を『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』『グーグーだって猫である』などで知られる犬童一心が務める。


沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、犬童一心監督が登壇すると、観客から大きな歓声が。峯田を含めた主要キャストが揃うのはこの初日挨拶1回のみという、超貴重な全員集合ショットに開場は熱い熱気に包まれた。


沢尻は「本日はお越しいただき、ありがとうございます。初日を迎えることができて、嬉しく思っております!」と挨拶。峯田は「今日登壇していているキャストの半分が普段は音楽をやっているという、本業じゃないというのが珍しいですよね。楽器がなくて、マイクがないと僕は喋れないですよ」とコメントすると、沢尻からすかさず「さっきカメラがないところだと、いっぱい喋っていたじゃん!」とツッコミが。


上海国際映画祭から戻ったばかりの監督と沢尻にMCから、映画祭の様子を聞かれると、沢尻は「中国の人の熱量がすごくて、開場もとても近い距離で驚きました!」と話すと、監督は「上映した劇場は、1200人も入るのですが、全席ソールドアウトで、上映後もすごい熱狂だったので、この映画いけるんじゃないかと思いました笑」と喜びを語った。


さらにMCから、「9000人の“沢尻会”というファンクラブがあると聞きましたが行かれた時も、大勢のファンの方々が迎えてくれたのですか?」と聞かれると、沢尻は「中々ファンの皆さんと接する機会がないので、快く迎えていただいて、嬉しかったです!」と話すと、監督から「みんな沢尻さんを撮っているとわかっていたので、僕はできるだけ離れて歩くようにしました。」とコメントし、観客を笑わせた。


続いてMCから、主人公の沙織は「夢を諦めきれないアラサー女性ですが、沢尻さんは主人公に共感できる部分はありましたか?」との質問に、沢尻は「30代女性は仕事であったりプライベートでも考えることが多い時期だと思うんですけど、だからこそ、私も共感できる部分が多かったので、自然体で演じることができました」とコメント。


そんな悩み多き主人公を見守る猫役・良男を演じた吉沢は、沢尻について「飼い主とペットというのは普通の恋人よりも距離感が近い上に猫なので、僕から近づいていくことが多いので、嫌がられたらどうしようと思いましたが、完全に僕を見ている目がペットを見ている目だったので、甘えっぱなしでした」と撮影時の思い出を語った。


そして、「売れない画家ゴッホ」を演じた峯田は「予告でもある坂を転がっていくシーンは、自分たちは坂の手前で止まってスタントの方が演じる予定だったんですけど、本番は勢い余って、沢尻さんと転がっていってしまいました(笑)」と衝撃の撮影秘話を披露。監督は「本当に転がっていってくれたので、そのシーンを使いました。僕的には良かったです」と嬉しそうに話した。


本作の特徴でもある「ねこすて橋の撮影」について聞かれたコムアイは、「全員の猫役の方が動いているので、うまく全員の演技を合わせるのに苦労しましたが、すごく面白かったです」 と話し、コムアイとの共演について吉沢も「コムアイさんは、素が猫っぽいので居心地が良くて、楽しかったです」とコメント。コムアイは「私は同じことが2回できないので、吉沢さんに毎回フォローしていただけて、助かりました」と照れながら語った。


イベントでは、記念すべき初日ということと、明日6月24日は犬童監督58歳の誕生日ということで、本日のメインイベントとなる“猫の良男型ケーキ”が登場。全員が劇中で歌を歌っていることにちなみ、キャストと会場に集まったお客さん全員で監督へバースデーソング歌い、誕生日を祝福した。監督は「ありがとうございます!これを思い出に、余生を過ごせたらと思います」と喜びのコメントをし会場を沸かせた。


さらに、監督から沢尻に向けて2週間程使い、20枚あったものを1枚にまとめてきたという、心の込もった手紙が披露され、「女性が生きにくい時代、自分の在り方で立つその立ち姿に多くの女性たちが励まされることでしょう。いつまでもそうであってください。」と読まれると、沢尻は、目に涙を浮かべながら「本当にありがとうございます。嬉しいです!この映画は、スタッフもキャストもみんなで良いものを作ろうという思いで、現場で手作りで作り上げていった作品で、とても良い時間を過ごすことができました。役者人生の中で大切な作品になりました」と本作に込めた思いを語った。


映画『猫は抱くもの』は全国公開中


©2018『猫は抱くもの』製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「吉沢亮」をもっと詳しく

「吉沢亮」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ