『あなたには‐』玉木宏への祝福&“モラハラ夫”ユースケへの称賛の嵐

6月23日(土)11時15分 クランクイン!

最終回を迎えた『あなたには帰る家がある』出演の(左から)玉木宏、中谷美紀、ユースケ・サンタマリア クランクイン!

写真を拡大

 中谷美紀が主演を務める『あなたには帰る家がある』(TBS系/毎週金曜22時)の最終話が22日に放送され、ユースケ・サンタマリア演じるモラハラ夫の変貌ぶりに、視聴者からは「愛おしい」「最高に萌えキャラ」など称賛の声が巻き起こった。 綾子(木村多江)に対して「太郎(ユースケ)と慎吾(萩原利久)と麗奈(桜田ひより)の4人で幸せになる」と宣言した真弓(中谷)。この真弓の宣言が、自分を太郎の元に戻そうとする作戦だと気付いた綾子は“自分はあくまで秀明(玉木宏)と幸せになる”と宣言し直す。

 綾子と暮らし始めた秀明は、後輩の桃(高橋メアリージュン)の告発により左遷。一方の太郎は真弓との交際を真剣に考え始める。太郎は毎年家族で訪れていた海に、慎吾と真弓と麗奈の4人で行くことを決意。週末、海で楽しく過ごす太郎と真弓たち。しかしそこで真弓は太郎がしたためていた手帳を見つけてしまう…。

 最終話の放送開始直後から、SNS上では結婚が報じられた玉木への祝福が殺到。「秀明さん結婚おめでとう」「玉木宏〜結婚するんだから最終回でいいとこ見せてくれよ」「パパには木南晴夏という帰る場所がある」など、本作の役柄と絡めたツイートが多数投稿された。

 また前回のラストで真弓が提案した“夫婦交換”が、太郎と綾子を元に戻そうとする彼女の作戦だったことが判明すると視聴者からは「真弓さん策士wwww」「やっぱり真弓は仕掛けただけだよねw」などの反応とともに、「え??それ茄子田先生かわいそうじゃね??」「茄子田先生の純情を弄んで〜〜!!!茄子田先生を利用しないであげてよぉ!!!」など、女性との交際経験が少ない太郎に同情的な声も投稿された。

 最終話のクライマックス、太郎は綾子に「お前のために変わるから、もう二度とお前を傷つけない」と告白。モラハラ夫の変貌ぶりに「茄子田先生が愛おしい」「初回とキャラが変わりすぎ」「茄子田先生最高に萌えキャラ」「今季ぶっちぎりの最高の男」など称賛の声が殺到していた。

クランクイン!

「モラハラ」をもっと詳しく

「モラハラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ