12年ぶり「ハルヒ」SOS団5人揃う、大反響

6月23日(日)21時4分 ナリナリドットコム

「ランティス祭り2019」最終日に、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のSOS団(平野綾、杉田智和、茅原実里後藤邑子小野大輔)の5人が揃って登場し、大きな反響を呼んでいる。

ライブではまず、平野による「冒険でしょでしょ?」、茅原による「雪、無音、窓辺にて。」、後藤による「恋のミクル伝説」と女性陣がソロのキャラクターソングを披露。その後、小野が登場し「まっがーれ↓スペクタクル」を披露し、最後に満を持して登場した杉田を交えて、5人で「ハレ晴レユカイ」が歌われた。

5人が揃ってライブに登場したのは2007年に開催された「涼宮ハルヒの激奏」以来、12年振りとのことで、ファンは大歓喜。

Twitterなどネットでは「最後杉田さん出てきて大号泣!」「SOS団おかえりなさい。嬉しすぎる」「5人揃って聴けたのやばすぎる」「小野さん踊り上手くなってて泣ける」「杉田がキョン過ぎてそれだけで嬉しい」「後藤さん……元気になって本当に良かった」といった感動の声が多く寄せられている。

ナリナリドットコム

「祭り」をもっと詳しく

「祭り」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ