武田梨奈、誕生日サプライズならず 事前に高杉真宙がうっかり「すみません」

6月23日(土)12時0分 オリコン

映画『世界でいちばん長い写真』初日舞台あいさつに出席した武田梨奈 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 女優の武田梨奈と俳優の高杉真宙が23日、都内で行われた映画『世界でいちばん長い写真』(草野翔吾監督)の初日舞台あいさつに出席。バースデーサプライズを受けた武田は「本当だったら今泣いているはずだったのですが、実はさっきある人がやらかしてしまいまして…」と、高杉をチラリ。事前に高杉がサプライズの詳細を知らせてしまったことが暴露された。

 今だから話せる印象として、水野勝は「真宙くんは物静かで人見知りするタイプかなって思っていて、実際にそうだったけれど、ものすごくチャーミングで天然なところもある。突けば突くほどいろんな顔が出てくる」と明かしていた。

 そして、武田のバースデーサプライズの場面。観客からも祝われて感動した表情の武田だったが、「舞台あいさつ始まる前の打ち合わせで、『はい、梨奈っち台本』って渡されたんですけれど、それは私は見ていけない台本だった」と苦笑。バースデーケーキが登場する流れが書いてあったといい、苦笑いを浮かべた高杉は「やっちゃったんですよね。皆さんすみませんでした」と謝罪。水野が「世界で一番驚かないサプライズですね」とタイトルにかけてオチをつけた。

 同作は、『武士道シックスティーン』『ストロベリーナイト』などで知られる誉田哲也氏の小説を映画化。愛知の学校で実際にあった出来事を基に、ギネス記録を持つパノラマカメラと出会った少年の青春を描く。

 主演を務めた高杉は、撮影を振り返り「高校生活をそこで過ごしたような濃い期間で、その一瞬を詰め込むことができた」と胸を張った。

オリコン

「サプライズ」をもっと詳しく

「サプライズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ