浅田美代子、樹木希林さんにお返しできるのはお芝居を通して

6月23日(日)16時0分 NEWSポストセブン

浅田美代子が樹木希林さんの思い出を語る

写真を拡大

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、タレント・女優の浅田美代子が、45年ぶりの主演作となった映画『エリカ38』について、プロデューサーをつとめた故・樹木希林さんと本作で共演した思い出について語った言葉をお届けする。


 * * *

 浅田美代子は公開中の新作映画『エリカ38』に主演。自らを三十八歳と偽り、口八丁で人々を騙していく実在の詐欺師役を演じた。プロデューサーを務めたのは、浅田のデビュー時からの間柄である樹木希林だ。


「これは希林さんが企画してくれたんです。凄く仲がよくて、いつも一緒にワイドショーを観たり、電話で事件の話とかをしていたんですよね。それで、ご老人を連炭で──という事件とかがあると、『こういうの、美代ちゃんいいんだよね』って言われていたのね。その度に『いや、でも私にはこういう役は来ないでしょう』って答えていました。


 今回も元になった事件を見た時に『美代ちゃん、これあんた、やれるわよ』と言われたんですが、『来ないんじゃない』って、いつもの感じで終わっていたんです。そうしたら少しして、『話を進めたから』って連絡が来たんです。それでビックリして。


 仲が良かったんで、私の中にある毒を知っていてくれたんですよね。それで、こういう役をやらせたかったんだと思います。


 役者がいろんな役をやってみたいと思うのは普通のことです。でも、私はどちらかというと『釣りバカ日誌』の『みち子さん』とか、そういうホワンとした役が多かったんで、私には来ないと思っていたんですよ。それを希林さんが自らやってくれて。撮影をやっている間も『いいわよ。美代ちゃん、できるわよ』と励ましてくれました」


 劇中で人を騙す際の浅田の弁舌は堂に入っており、これまでのイメージを脱却した詐欺師ぶりをリアルに演じていた。


「単なる詐欺師が金儲けをして捕まった──とはしないよう心がけました。それで男性不信なところとか、過去のトラウマとか、最初はなかったんですが、そういうのも入れていったんですよね。希林さんも『女の人の哀しみとか、そういうのもちゃんと出さないとね』って。


 あと、なるべく詐欺師っぽくしないよう意識しました。私は動物愛護をしているのですが、それを希林さんに話す時、結構熱弁するんです。『あんな感じで詐欺の場面をやるといい。ああいう話し方をすると、詐欺に遭う人たちも信用するから』って。


 最後も、『こいつ、またやるぞ』っていう形で終わらせたかったんです。本人はそんなに悪いと思っていない──っていう」


 樹木希林は浅田の母親役で出演、浅田と二人で「夕焼け小焼け」と口ずさんでいる。そして、これが樹木希林にとって遺作となった。


「あの場面、当初は希林さんの歌だけだったんです。けど、聞いているうちに私も口ずさみたくなって歌っちゃったんです。あれは、ちょっと物悲しかったですよね。希林さん、もうそこにいるだけで凄いと思いました。現場でも絶対に近寄らないですし。


 希林さんにお返ししなきゃと思っています。それができるのは、お芝居を通してでしかないんですよね。それでいうと、私はまだまだです。今回ここでお返しできなかったとしても、次、次ってやっていかなきゃなって、思っています」


●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『すべての道は役者に通ず』(小学館)が発売中


■撮影:藤岡雅樹


※週刊ポスト2019年6月28日号

NEWSポストセブン

「浅田美代子」をもっと詳しく

「浅田美代子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ