滝沢カレン、神田松之丞の講談に感動 「日本の全員に早く気づいてほしい」

6月23日(日)17時21分 しらべぇ

(画像は滝沢カレン 公式Instagramのスクリーンショット)

大名跡・神田伯山の襲名も決定した100年に1人の天才講談師・神田松之丞とモデル・滝沢カレンが出演する『松之丞カレンの反省だ!』(テレビ朝日系)。

22日深夜回では、松之丞の独演会を滝沢が初観覧。講談師としての松之丞の姿に滝沢が感動する姿が放送された。

 

◼滝沢がロケ初挑戦

いつもは松之丞がロケに出て、その様子を2人でモニタリングしロケ内容を反省する流れだが、この日は滝沢が同番組初のロケに挑戦。松之丞の講談の独演会を観覧する。

ロケスタートから「やっと本当の舞台が見れる。スタジオだとあんな感じなんで輝いているところが見たい」と前向きな滝沢だが、「幕の閉じ方と開き方に注目したい」と滝沢らしい、どこかズレた意気込みを語った。

 

◼講談師・松之丞にメロメロ

この日の演目は『怪談・小幡小平次』、絶世の美女・おちかに唆され小平次を殺してしまった太九郎の悲劇を描いた講談だ。

天才講談師の評判どおり、熱のこもった見事な講談を披露した松之丞に滝沢は「カッコいい」を連発し、これまでのスタジオでの松之丞に対する低評価を覆し「本当にスゴかった」と絶賛。

「ブラボー」と手を叩きながら楽屋挨拶に訪れた滝沢は、これまで大ファンだと公言してきたアーノルド・シュワルツェネッガーより「いま会いたい人」と松之丞に最大級の賛辞を贈った。

◼松之丞を日本に知らしめるべき

「一生テレビでCMで流したい」「いま日本にいる声出しの人で、ダントツで、誰に出しても恥ずかしくない」と滝沢らしさ溢れる謎の称賛が止まらない。

これまでも滝沢にロケ内容を100点満点で点数付けしてもらい「2点」など低評価を受け続けてきた松之丞は、今回の講談にも点数をつけてもらう。滝沢は「5億点」と規格外の点数をつけ、松之丞の講談を大いに満喫したことを示す。

これまで、どこか下に見ていた松之丞の実力を目の当たりした滝沢は、「宝的な存在にしないと、日本がボーっとしてる間に過ぎ去ってしまう人になっちゃう。早く日本の全員に松之丞さんを気づいてほしい」と、講談師・松之丞の魅力を世に知らしめるべきと主張した。

 

◼松之丞ブーム到来か?

視聴者は、そんな滝沢と松之丞のやりとりを、今回も楽しんだようだ。

講談を世に広めるため、テレビやラジオに精力的に挑戦してきた松之丞。講談を知らなかった滝沢さえも魅了するその実力はさすが「100年に1人の天才」といったところか。

毒舌キャラ同士、ぶつかりあいながらも親交のあった爆笑問題太田光との共演も決定するなど、メディアで松之丞の露出は増え続けている。講談と講談師・神田松之丞が世に広く認知されるのも、それほど遠い未来ではなさそうだ。


・合わせて読みたい→天才講談師・神田松之丞の女性への暴言に滝沢カレン怒り 「本当に失礼すぎる」


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

しらべぇ

「滝沢カレン」をもっと詳しく

「滝沢カレン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ