吉田羊がモデル・押切もえから、唐突に“ヒツジスト”だと告白される。

6月23日(火)19時45分 Techinsight

吉田羊が押切もえとのエピソードを明かす

写真を拡大


女優の吉田羊が、モデルの押切もえから「私、ヒツジストなんです」と告げられたことを明かした。2人が仕事で一緒になった時のことだが、女優とモデルが会う機会はあまりないだけに、押切もえは今しかないと思い胸のうちを明かしたようだ。

吉田羊が6月12日にヤフオクドームで行われた「ソフトバンク−広島戦」で始球式を行った際に、地元TNC テレビ西日本の情報番組『ももち浜ストア 夕方版』がオファーして翌日に直撃インタビューを行った。その内容が6月19日に放送され、吉田羊が最新のエピソードを明かしている。

同番組のコーナー“福岡スターキニナットル!”でこれまでに取り上げた芸能人のうち、最も登場回数が多いのが吉田羊だ。スタッフに彼女の熱いファンがおり、ブログをいつもチェックしているらしい。それを知った彼女は、最新エピソードとして「つい最近、あるトップモデルの方と一緒に仕事をした時に『吉田さん、ブログ読んでます!』と声をかけられた」と語り出した。

そのモデルは「私、ヒツジストです!」とまで宣言して彼女を驚かせたそうだ。モデルの名前は「“O切Mえ”ちゃん」と表現したが、インタビュアーを務めたフリーアナウンサー・吉竹史が「押切もえさんが…」と口にすると「あ、言っちゃった」と吉田羊も認めている。

吉田羊によると、「女優とモデルが一緒に仕事をする機会は少ないので、彼女が『私、ヒツジストです!』と言った時は、これは本物だと感じた」という。ちなみに、“ヒツジスト”とは吉田羊ファンのことである。

久留米市出身の彼女は、同じ福岡県出身の武田鉄矢が同番組にコメンテーターとして出演していることを知ると、表情が明るくなり「武田さんに漢字を教えて欲しい」と吉竹史に伝言したそうだ。

スタジオでそれを聞いた武田鉄矢は「いや、ウソだよ!」と笑い飛ばしたが、吉田羊とはNHKの朝ドラ『純と愛』での共演など面識がある。「すごい女優さんが出てきたな」と思いながら彼女の活躍を見ているという武田鉄矢。「ストレートでややツンデレ系」なところが魅力的だと語っていた。

そんな吉田羊がブレイクするきっかけとなったのが、木村拓哉主演のドラマ『HERO』第2期だ。彼女は役柄の検事・馬場礼子について「イケメンに弱いところが似ている」という。7月18日に公開される映画『HERO』ではどんな見せ場を作ってくれるか期待したい。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

「ヒツジ」をもっと詳しく

「ヒツジ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ