石橋伸洋、2連勝でトータル首位「次トップ取ったら1位通過確定」/麻雀・RTDトーナメント2019 グループD

6月24日(月)0時20分 AbemaTIMES

 「RTDトーナメント2019」グループD 1・2回戦(全4回戦)が6月23日に放送され、石橋伸洋(最高位戦)が1回戦に続き、2回戦もトップを取って2連勝。トータル首位で後半2戦に臨むことになった。

 対局者は起家から瀬戸熊直樹(連盟)、石橋伸洋(最高位戦)、白鳥翔(連盟)、仲田加南(連盟)。

 初戦で役満・小四喜(ショースーシー)をアガっていた石橋は「RTDリーグでは役満を放銃する側だったんですけど、RTDトーナメントでは役満をアガれました。油断せず、残り3回、全力で打ち切ります」と2戦目に臨んでいた。

 東4局1本場、石橋はリーチ・イーペーコー・赤で5200点(+300点)をアガってトップ目で南場へ。南2局の親番では、7巡目に白鳥から仕掛けが入ったことに対応し、ドラ7万を切って四万と2索のシャンポン待ちリーチを決断。これをリーチ・ドラ2で7700点に仕上げ、そのまま逃げ切った。

 この連勝により、3戦目以降は得意とするゲームメイクを展開しやすい環境が整った。「白鳥さんが2ラスなんで、白鳥さんにトップを取らせる打ち方になる。もちろん基本的には自分がトップ。次トップ取ったら1位通過確定なんで」とポイント状況から自身がマークから外れることも想定されるため、一気にカタをつけに行くつもりだ。【福山純生(雀聖アワー)】

【グループD 2回戦結果】

1位 石橋伸洋(最高位戦)3万4900点 +54.9
2位 瀬戸熊直樹(連盟)3万2900点 +12.9
3位 仲田加南(連盟)2万4600点 ▲15.4
4位 白鳥翔(連盟)7600点 ▲52.4

【グループD 2回戦終了時点の成績】

1位 石橋伸洋(最高位戦) +122.7(2/4)
2位 瀬戸熊直樹(連盟) ▲11.1(2/4)
3位 仲田加南(連盟) ▲13.0(2/4)
4位 白鳥翔(連盟) ▲98.6(2/4)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグ(WHITE・BLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA〜Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】Mリーガー3人と豪腕女流が激突! RTD TOURNAMENT2019 Group D 1回戦/2回戦

▶RTD TOURNAMENT2019 全試合リスト

AbemaTIMES

「RTD」をもっと詳しく

「RTD」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ