瀬戸熊直樹、2戦目2着でトータル2位「目標はトップ通過、無理なら2位通過」/麻雀・RTDトーナメント2019 グループD

6月24日(月)0時18分 AbemaTIMES

 「RTDトーナメント2019」グループD 1・2回戦(全4回戦)が6月23日に放送され、瀬戸熊直樹(連盟)は1戦目3着、2戦目2着でトータル2位のポジションにつけた。

 1戦目は「引き気味に打っていた」という瀬戸熊は、全4戦の流れを天気にたとえ「(1戦目は)そんなに雨は降っていない。曇りから晴れ間がのぞいた」と2戦目では積極的に前に出るべく、初戦トップ発進の石橋をマークしていた。

 2戦目・南4局。瀬戸熊は思惑通り、トップ目だった石橋とは700点差の2着目で迎えていた。「オーラスで仲田さんのドラポンが入らなければ、最後まで粘ったと思うんですけど、ドラポンが入ったんで、白鳥さんに当たってもいいやと思って打ちました」と仕掛けを入れていた白鳥に差し込みし、2着目をキープしたまま対局を終わらせた。

 トップ狙いを我慢した瀬戸熊の意図は「仲田さんトップ、僕3着のパターンだけは次が苦しくなる」と後半戦を見据えた短期トーナメントならではの戦略。全4戦の前半2戦でトータル2位をキープし、トップ通過も狙えるポジションで後半2戦を迎えることになった。【福山純生(雀聖アワー)】

【グループD 2回戦結果】

1位 石橋伸洋(最高位戦)3万4900点 +54.9
2位 瀬戸熊直樹(連盟)3万2900点 +12.9
3位 仲田加南(連盟)2万4600点 ▲15.4
4位 白鳥翔(連盟)7600点 ▲52.4

【グループD 2回戦終了時点の成績】

1位 石橋伸洋(最高位戦) +122.7(2/4)
2位 瀬戸熊直樹(連盟) ▲11.1(2/4)
3位 仲田加南(連盟) ▲13.0(2/4)
4位 白鳥翔(連盟) ▲98.6(2/4)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグ(WHITE・BLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA〜Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】Mリーガー3人と豪腕女流が激突! RTD TOURNAMENT2019 Group D 1回戦/2回戦

▶RTD TOURNAMENT2019 全試合リスト

AbemaTIMES

「RTD」をもっと詳しく

「RTD」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ