仲田加南、2戦目3着でトータル3位「本当に勝ちたいので、まだ頭を下げたくない」/麻雀・RTDトーナメント2019 グループD

6月24日(月)0時16分 AbemaTIMES

 「RTDトーナメント2019」グループD 1・2回戦(全4回戦)が6月23日に放送され、仲田加南(連盟)は初戦2着、2戦目3着でトータル3位のポジションで後半2戦に臨むことになった。

 1回戦で石橋が小四喜(ショースーシー)を成就させるド派手なスタートで幕を開けたグループD。「最初に役満が出たことによって、みんなちょっと変」と感じていた仲田は「自己採点ではまあまあ打てた」と2戦目を振り返った。

 2戦目は仲田が想定していた打ち合いではなく小場の進行だった。そんな中で「親番で一撃を狙い続けてはいたんですけど」とオーラスの親番でもドラをポンして逆転トップを狙いに行ったが「最後、白鳥くんが1000点アガってラスを受け入れたのはシビアで辛い」と、2戦目は3着目のままフィニッシュせざるを得なかった。

 残すは2戦。あくまでもトップ通過を狙う仲田は「本当に勝ちたいので、まだ頭を下げたくない」と後半戦でラリアット級の決め手となるアガリをもぎとるつもりだ。【福山純生(雀聖アワー)】

【グループD 2回戦結果】

1位 石橋伸洋(最高位戦)3万4900点 +54.9
2位 瀬戸熊直樹(連盟)3万2900点 +12.9
3位 仲田加南(連盟)2万4600点 ▲15.4
4位 白鳥翔(連盟)7600点 ▲52.4

【グループD 2回戦終了時点の成績】

1位 石橋伸洋(最高位戦) +122.7(2/4)
2位 瀬戸熊直樹(連盟) ▲11.1(2/4)
3位 仲田加南(連盟) ▲13.0(2/4)
4位 白鳥翔(連盟) ▲98.6(2/4)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグ(WHITE・BLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA〜Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】Mリーガー3人と豪腕女流が激突! RTD TOURNAMENT2019 Group D 1回戦/2回戦

▶RTD TOURNAMENT2019 全試合リスト

AbemaTIMES

「RTD」をもっと詳しく

「RTD」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ