小松菜奈×門脇麦W主演、成田凌共演『さよならくちびる』公開

6月24日(日)6時0分 クランクイン!

『さよならくちびる』に出演する(左から)門脇麦、小松菜奈、成田凌(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

写真を拡大

 女優の小松菜奈門脇麦がダブル主演し、俳優の成田凌が共演する映画『さよならくちびる』が、2019年初夏に公開されることが分かった。 本作は、『月光の囁き』『抱きしめたい ‐真実の物語‐』で知られる塩田明彦監督が、自らのオリジナル脚本を映像化した音楽ロードムービー。インディーズシーンでにわかに話題になった二人組女性バンドと、彼女たちを支えるローディの青年が、お互いに複雑な思いを抱えながら、解散ツアーで全国を旅する姿を描いていく。

 二人組女性バンド「ハルレオ」のメンバー・レオを小松が演じ、ハルを門脇が担当。バンドのローディとしてレオとハルを支える青年・志摩に成田が扮する。

 小松が演じるレオは、バンドの解散を決意するものの、志摩に恋心を抱いているという役柄。小松は自身の役柄について「不器用ながらももがいて自分の居場所をみつけようとしてる、そんなレオの人間臭いところにとても惹かれました」とコメント。

 レオに対して友情を越えた感情を抱いているハルを演じる門脇は「映画に興味を持ち始めた10代の頃から憧れだった塩田監督、個人的にずっと前から大好きな菜奈ちゃん、3度目ということもありとても信頼感のある成田くん、そんな方達と作品を創れるなんて楽しみでしかありません」と期待を寄せている。

 塩田監督は、「日本映画の最前線を美しく、軽やかに疾走する小松菜奈さん、門脇麦さんと映画を撮るチャンスを頂いたとき、最初に脳裏に浮かんだのが“くちびる”という言葉でした」と明かしている。

 映画『さよならくちびる』は2019年初夏公開。

クランクイン!

「小松菜奈」をもっと詳しく

「小松菜奈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ