眞栄田郷敦、『ノーサイドゲーム』出演決定 役作りで15キロ増量

6月24日(月)17時0分 クランクイン!

『ノーサイド・ゲーム』に出演する眞栄田郷敦(C)TBS

写真を拡大

 俳優の大泉洋が主演を務め、7月スタートする日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系/毎週日曜21時)の追加キャストとして、俳優の眞栄田郷敦の出演が発表された。物語の鍵を握る人物・七尾圭太役を演じる眞栄田は、役作りのため体重を15キロ増やしたという。 本作は、作家・池井戸潤がラグビーワールドカップ2019日本大会開催に合わせて書き下ろした同名小説(ダイヤモンド社)が原作。大企業内での対立と復権をかけたサラリーマンの戦いにラグビーを絡めた作品となる。共演に松たか子笹本玲奈西郷輝彦、大谷亮平、中村芝翫、上川隆也らも決定している。

 大泉が演じる大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人は、出世レースの先頭に立ち、幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。やるせない思いで総務部長として赴任する工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、今は成績不振にあえいでいた。知識も経験もないのにチーム再建の重荷を課せられ、出世の道を絶たれた君嶋の再起をかけた戦いが始まる。

 眞栄田が演じる七尾は、トキワ自動車本社海外事業部所属。ニュージーランドからの帰国子女で、現地での大学時代、ある出来事によって夢を断たれ挫折。失意のまま帰国し、“普通の生活”を送ろうとトキワ自動車に入社する。いつも笑顔で人当たりが良く礼儀正しい男で、ビジネスの世界で成功しようと意気込むが、大泉演じる君嶋と出会ったことで人生が一変。七尾の存在は君嶋が再起を図る際の切り札となっていく。

 3回ほどのオーディションを経て出演が決まった眞栄田は「とにかくこの作品に携わりたい!という気持ちが強くて、身体作りやお芝居で自分をこの役に近づけられるよう精一杯努力したつもりです。七尾役に決まったときはとてもうれしかったです。最初にオーディションを受けた際、ひとりだけ身体がすごく細かったので、約3ヵ月で15キロ体重を増やしました」と明かす。

 役どころについて眞榮田は「海外で挫折して日本に戻り、夢を心の底にしまって普通の生活をしようと思っていた男ですが、トキワ自動車に入社していろんな人と出会ううちに自分の夢をもう一度つかもうと動き始めます。七尾は物語全体を動かす役どころだと思っています」と語り、「『この作品で日本中を元気にする!』という熱い思いをもって役を演じていきたいです」と意気込んでいる。

 また脇を固めるキャストとして、入江甚儀、村田雄浩、藤原光博(リットン調査団)、南端まいな、濱津隆之の出演も発表された。

 日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』は、TBS系にて7月7日より毎週日曜21時放送(初回は25分拡大)。

クランクイン!

「役作り」をもっと詳しく

「役作り」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ