水沢アリー、破局を告白するも話題になるのはメディア露出の度に“印象が違う“顔!?

6月24日(水)21時0分 メンズサイゾー

 タレントの水沢アリー(24)が、23日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演し、熱愛が報じられていたサッカー日本代表でJ1浦和レッドダイヤモンズに所属する槙野智章選手(28)と破局を迎えたことを告白した。


 冒頭からMCの明石家さんま(59)に「どうなの? お前」と聞かれた水沢は、「え? なにが?」と相変わらず大御所を目の前にしてもタメ口。さんまに槙野との関係を聞かれたことに気づいた彼女は、口元に手をあててクスクスと笑いながら「ちょっと別れちゃって...」とアッサリと告白し、共演者らを驚かせた。さんまに理由を聞かれた彼女は、「うーん」とうなりながら、「ふたり(水沢と槙野)で『なんで別れたんだろうね』って昨日も電話しながら話した」とあっけらかんと答え、別れた後も連絡を取っており、食事に行くこともあると語った。


 さらに水沢は破局の理由を「彼が自分よりもサッカーを愛しすぎていたから」と発言。槙野は水沢が寝ようとしていても録画してある自分の試合を見せ、「どうだった? 今のシュート」などと感想を聞いてくると力説し、そうした日常に耐えられなかったという。しかし、その口ぶりはまるで自分には非はないとでも言いたげなもので、共演者らも呆れ気味。スタジオの観覧席からもタメ息のような声が漏れており、オアシズ光浦靖子(44)は辛抱たまらず「引いた方がイイ女」とポツリ。プロのサッカー選手である槙野を支えられなかった水沢の我の強さを皮肉るような言葉を呟いていた。


 そんな水沢の態度は視聴者にも違和感を与えたようで、ネット上には「きっと振られたんだろうけど、それを隠そうとする姿が痛々しい」「それにしても槙野はなぜ水沢と付き合ったんだろう」などと厳しい声が上がっている。さらにこの日久々に水沢を目にした人も多かったようで、「もう辞めたかと思っていた」「あれ? また顔変わってる?」といった辛辣なコメントもチラホラ。破局というネガティブな話題を明るく話したはいいが、自らのイメージを良くすることはできなかったようだ。


「"第二のローラ"として一躍バラエティでブレイクした水沢さんですが、やはり『二番煎じ』などといった悪いイメージは拭いきれず、ここのところめっきり活躍の場は少なくなってしまいました。最近では番組に出るたびに整形疑惑のことばかりが指摘されており、ネット上などには彼女の顔がどう変化しているかを検証するサイトがあるほどです。もちろん疑惑ですが、水沢さんをそうした目で見ている視聴者は多い。昨年の夏に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、"B級美女タレント"にスポットを当てたランキング企画に参加した水沢さんに対して、『整形顔』『気持ち悪い』と、ストレートすぎる視聴者の声が紹介されていましたね。本人もそうした指摘には『グレーゾーン』と答えていますが、その中途半端な態度がアンチの存在を増やしている気もします。いまの芸能界では整形を暴露したところで大きなダメージとはならないでしょうから、早々に真実を打ち明けてしまったほうがイメージを改善できると思いますが...」(芸能ライター)


 何かとビジュアル面で騒がれることの多い水沢。本人もそれを気にしているのか、昨年からマラソンに挑戦して新たなキャラを開拓しようとしている。そして2月に行われた『東京マラソン2015』では4時間34分18秒というタイムで完走。一般の参加者であれば5時間を切れば上出来といわれる中で、好記録を出した水沢には「ハンパな意気込みで出せるタイムじゃない」「凄い、見なおした」「努力家なんだね」と賞賛の声が寄せられた。


 そのゴール後に水沢は、「マラソンは自分との戦い 1番のライバルは自分でそれに勝つのが1番難しいこと 走るきっかけに出会えてよかった」とブログに綴っており、勇気をもらったファンも多かったことだろう。アイドルやハーフタレントやモデルなど、さまざまなジャンルの若手女性タレントが活躍するいまのバラエティ界で、水沢がさらに露出を増やすのは難しいかもしれないが、ファンのためにもマラソンで学んだことと槙野との破局をバネにして踏ん張ってほしいところだ。
(文=kamei)

メンズサイゾー

「水沢アリー」をもっと詳しく

「水沢アリー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ