上川隆也、ロッククライミングに初挑戦「ヒヤッとする場面も」

6月24日(日)5時0分 マイナビニュース

俳優の上川隆也が、テレビ朝日系ドラマ『遺留捜査』(7月12日スタート、毎週木曜20:00〜)の初回2時間スペシャルで、ロッククライミングに初挑戦。高さ20メートル超の岩壁に挑む。

事件現場に残された「遺留品」が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁する刑事・糸村聡(上川)。第5シーズンとなる今作の舞台は、前作に引き続き、京都府警・特別捜査対策室、通称「特対」。世間の耳目を集めるような派手な事件から、高度な情報管理が義務づけられる隠密捜査、他府県との合同捜査などを担当する、プロフェッショナルの集団だ。

そんな特対メンバーが初回2時間スペシャルで挑むのは、文化庁美術品危機管理対策課の女性メンバーが、山中の岩場で遺体となって見つかった事件。現場に訪れた糸村は、まだ残されているであろう遺留品を採取するため、いきなり岩場を登り始めるというストーリーの流れから、上川がロッククライミングに挑戦する運びとなった。

撮影が行われたのは、滋賀県内の山中にある険しい岩場。高さ20メートル以上の岩塔がそそり立つロッククライミングの名所として知られるが、前日に雨が降ったため岩が濡れており、足もとのコンディションは良好とはいい難い状況だった。しかも前述のとおり、遺留品を探すために突然、糸村が岩壁を登りはじめるという設定のため、スーツ姿でクライミングに挑まなければならず、初挑戦の上川にとっては過酷な条件が重なった。

しかし、上川は「高いところは決して苦手ではない性質(たち)なので、包み隠さず申し上げると…とても楽しみでした!」と告白。「岩肌が湿っていたので、ちょっとした体重のかけ方でつるんと滑ってしまい、全身を使う作業でした」と撮影当時のことを振り返るも、「めったにできない体験なので楽しく臨ませていただきました。岩場の中腹に立ったときの景観は素晴らしいものがありました」と、初クライミングに感動した様子だった。

スーツ姿で岩をよじ登っていることに関して、「ミスマッチの極みだったと思います(笑)。奇態な男が岩場に張り付いている様を楽しんでいただければ」とし、最後には「ちょっとヒヤッとする場面もありますので、そこも含めてご覧いただきたいですね」とシーンの見どころを語った。

初回2時間スペシャルには柄本明、平泉成、松下由樹、中村俊介ら豪華ゲスト陣が出演。上川は「どなたが主役を演じてもおかしくないような方ばかりで、ゲストの皆さんだけで映画を1本撮れそうなほどの重厚感がありました。そんな豪華ゲストの皆さんが、2018年の『遺留捜査』のスタートを彩り鮮やかに飾ってくださいました」と感謝の言葉を送っていた。

マイナビニュース

「上川隆也」をもっと詳しく

「上川隆也」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ