和楽器バンド、ユニバーサル移籍で本格海外進出へ「新たな環境において挑戦する」

6月24日(月)18時44分 オリコン

ユニバーサルミュージック移籍を発表した和楽器バンド

写真を拡大

 和楽器とロックを融合させた8人組・和楽器バンドが24日、本格的に海外進出を開始するため、大手外資系レコード会社ユニバーサルミュージックとグローバルパートナーシップ契約を締結したことが明らかになった。

 同バンドは2014年4月、アルバム『ボカロ三昧』でエイベックスからメジャーデビュー。翌15年9月発売の2ndアルバム『八奏絵巻』で初のオリコン週間1位を獲得した。今回、同社との契約が満了したタイミングで、レディー・ガガテイラー・スウィフト、BTSらが所属する外資系レコード会社・ユニバーサルミュージックへの移籍を決めた。

 ユニバーサルミュージックは「世界中の音楽ファンに和楽器バンドの音楽を届けるために、和楽器バンドとグローバル契約を交わし、パートナーシップを結ぶことになりました」と説明。

 ボーカルの鈴華ゆう子も「この度、和楽器バンドはユニバーサルミュージックへ移籍する事となりました」と報告し「デビュー5年目となり、エイベックスとの契約が満了したこのタイミングで私達は初めて、新たな環境において挑戦する事を決めました。快く送り出して下さった皆様の気持ちを支えに新たな一歩を踏み出します。進化を止めずに、邁進したいと思います」と決意を表明した。

 和楽器バンドは鈴華ゆう子(ボーカル)、いぶくろ聖志(箏)、神永大輔(尺八)、蜷川べに(津軽三味線)、黒流(和太鼓)、町屋(ギター)、亜沙(ベース)、山葵(ドラム)の8人組。所属事務所も新たに立ち上げた「イグナイトマネージメント」所属となり、本格的な海外進出を開始する。新オフィシャルサイトは7月1日に開設予定。

■鈴華ゆう子(Vocal) コメント

この度、和楽器バンドはユニバーサルミュージックへ移籍する事となりました。

2014年エイベックスからお声かけいただいた事をきっかけに和楽器バンドはデビューをし、そこから自分たちだけの力では実現できなかった世界観を会社をあげて共に作り上げてくださり、感謝の気持ちで溢れています。ワクワクが止まらない日々でした。

デビュー5年目となり、エイベックスとの契約が満了したこのタイミングで私達は初めて、新たな環境において挑戦する事を決めました。
快く送り出して下さった皆様の気持ちを支えに新たな一歩を踏み出します。
進化を止めずに、邁進したいと思います。

オリコン

「海外」をもっと詳しく

「海外」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ