FLOW、17年目でアミューズ株主総会ライブ初登場 コール&レスポンスにウェーブも

6月24日(月)16時0分 オリコン

アミューズの株主総会ライブを盛り上げたFLOW

写真を拡大

 大手芸能事務所・アミューズが23日、東京・両国国技館で『第41期定時株主総会』を開いた。第2部では所属アーティストのFLOW、エドガー・サリヴァン、eスポーツで数々の世界大会優勝経験を持つネモ選手が登場し、約2000人の参加者を前にライブパフォーマンスを行った。

 第2部のイベントが始まると、MCの元日本テレビアナウンサー・山本舞衣子が白のワンピース姿で登壇。現在では自身をはじめ、馬場典子中村仁美、吉田知世といった局アナ出身のフリーアナウンサーが4人所属していることを株主に紹介した。

 イベントのトップバッターは男女2人組ユニットのエドガー・サリヴァンが務め、佐々木萌(Vo)と坂本遥(G)は今月1日に行われた『Amuse Fes in MAKUHARI 2019』の楽屋で一緒になったPerfume、高橋優といった先輩たちに今回の株主総会に出演することを報告したところ、「みなさん5拍くらいおいて『がんばれ!』と言ってくれた(笑)」と明かし、笑いを誘った。

 ライブでは「今夜ステキになって」「BABY-Gを諦められない!」「Cry Me」を披露。「それではみなさんお手を拝借してもよろしいでしょうか!」のあおりと共に、アニメ『みだらな青ちゃんは勉強ができない』のオープニング曲に起用されている「WONDERFUL WONDER」で会場を盛り上げた。最後の株主に向けて一言メッセージを求められた坂本は「売れる!」と力強く宣言した。

 続いて、アミューズが昨年から取り組んでいる新規分野のプロジェクト、eスポーツの発表へ。先月行われたスウェーデン大会で優勝し、総額獲得賞金28億円という世界のトップを走るeスポーツチーム「Team Liquid」に所属するネモ選手が登場した。

 大手ゲーム会社の社員とプロゲーマーの二足のわらじを履くネモ選手は、山本アナから普段の生活を聞かれると「朝運動したあとに出勤し、19時くらいまで仕事をしたあとは帰ってゲームの練習をしています。大会前は早めに仕事を切り上げて他のプロと練習します」と説明した。

 プレイヤーからみたeスポーツの世界は「スポンサーがついてゲームで食べていくなんて考えられなかったので、良い時代になりました」と少しずつ認められてきたことに感慨深げ。その後は株主にもeスポーツを間近で体験してもらうため、ネモ選手が日本選抜にも選ばれた『ストリートファイターV アーケードエディション』でデモンストレーションを実施した。

 イベントのトリは、デビュー17年目にして株主総会ライブ初登場の5人組バンド・FLOWが務めた。「いくぞ、アミューズ株主総会!」とシャウトし、アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』オープニングテーマ曲「COLORS」で会場を一気にFLOWのペースに引き込んだ。

 KEIGOは株主総会第1部の質疑応答を楽屋で聞いていたといい、株主からアーティストを応援する質問が出たことを受けて「僕らも株主総会で名前が挙がるようにしようと思いました(笑)」と新たな目標を掲げた。「ONENESS」「風ノ唄」に続いて、「サビの部分を一緒に歌っていただけるとうれしいです!」と呼びかけ、代表曲「GO!!!」へ。ライブでおなじみのコール&レスポンス、さらには客席ウェーブで国技館が一体感に包まれると、KEIGOは「これからもライブ中心に精いっぱいやっていきます! よろしくお願いいたします!」とあいさつし、最後は「Sign」で締めくくった。

 山本アナは「株主総会でウェーブするのはアミューズくらいですよ!」と興奮冷めやらぬ様子。ライブを終えたKEIGOも「初めて株主総会に出させていただいたんですけど、熱い想いがありましたね」と笑顔をみせ「こうやってライブを見ていただいて、FLOWを知っていただけて。これはすてきな最高の縁だと思っています。これからもライブ大好きなバンドでいつづけようと思いますので、皆様よろしくお願いいたします!」と語り、会場から拍手が沸き起こった。

オリコン

「アミューズ」をもっと詳しく

「アミューズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ