『ヒロアカ』8月に完結で連載10年に幕 作者・堀越耕平「あと5話で完結です」

2024年6月24日(月)20時10分 オリコン

漫画『僕のヒーローアカデミア』8月に完結 コミックス第1巻書影(C)堀越耕平/集英社

写真を拡大

 漫画『僕のヒーローアカデミア』(作者:堀越耕平 公式略称:ヒロアカ)が、8月5日発売の連載誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)36・37合併号にて完結することが24日、発表された。ジャンプ公式YouTubeチャンネルの情報番組「ジャンプPRESS」内で発表され、あと5話で最終回を迎え、2014年7月の連載スタートから10年の歴史に幕を下ろす。

 番組では完結告知ビジュアルのほか、作者・堀越氏からのコメントも公開され、「2週お休みしてすみません! 色々スケジュールが重なってしまいミルフィーユみたいになっていました! あと5話で完結です」と報告。

 「『まだ5話も!?』と思われるか『あと5話だけ!?』と思われるかは意見が分かれるかもしれませんが、どちらにも楽しんでもらえるようあと5話頑張ります! デクたちと! 穴ボコでしたが、曲がりなりにも10年近くデクたちを描けたのは皆さんが読み続けてくれたからです」と読者に感謝し、「夢のような時間でした。本当にありがとうございます!それでは! またジャンプでお会いしましょう!」と呼びかけた。

 2014年7月7日より連載がスタートした『僕のヒーローアカデミア』は、“個性”と呼ばれる超常能力を持つ人々の存在が当たり前の世界を舞台に、主人公・緑谷出久(デク)が、社会を守り、個性を悪用する犯罪者“敵”(ヴィラン)に立ち向かう“ヒーロー”になるため、ヒーロー育成の名門・雄英高校で仲間たちとともに成長する物語。

 コミックスは現在40巻まで発売されており、世界累計発行部数は1億部を突破。2016年よりテレビアニメの放送がスタートし現在、第7期が放送中で、ゲーム化もされたほか、2019年には初めて舞台化され、今年8月には劇場アニメ4作品目が公開を控える人気作品となっている。

■作者・堀越耕平プロフィール
 1986年生まれ。愛知県出身。2006年に『ヌケガラ』で第72回手塚賞佳作を受賞、2007年に「赤マルジャンプ」に『テンコ』が掲載されて読切デビューを果たす。翌2008年同誌に『僕のヒーロー』掲載。2010年に『逢魔ヶ刻動物園』で「週刊少年ジャンプ」連載デビュー。2012年に『戦星のバルジ』を連載後、2014年同32号より『僕のヒーローアカデミア』の連載を開始。

オリコン

「連載」をもっと詳しく

「連載」のニュース

「連載」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ