『アンメット』をなくせるか? ミヤビ&三瓶の出会い、食卓囲んでモグモグの意味は…今夜最終回見どころ

2024年6月24日(月)6時0分 オリコン

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』最終話より(C)カンテレ

写真を拡大

 俳優・杉咲花が主演を務める、カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(毎週月曜 後10:00)が、きょう24日に最終回(第11話)を迎える。

 同作は、講談社『モーニング』で連載中の同名漫画(原作・子鹿ゆずる/漫画・大槻閑人)を実写化。“記憶障害の脳外科医”川内ミヤビ(杉咲)が患者を全力で救い、自身も再生していく医療ヒューマンドラマ。

 ミヤビは、事故の後遺症で過去2年間の記憶を失い、今日(きょう)のことも明日(あした)には忘れてしまう。毎日日記をつづり、朝に読み返す日々。丘陵セントラル病院で看護助手として働いていたが、アメリカ帰りの医師・三瓶友治(若葉竜也)が赴任してきたことから、再び脳外科医としての道を歩みはじめた。

 ミヤビらが懸命に患者に寄り添う物語を通じ、障害者や医療をとりまく課題に光が当てられてきた。一方、丘陵セントラル病院と関東医大病院を背景に、ミヤビの失われた記憶や事故の真相をめぐるミステリーも緊迫。ミヤビは事故に遭う前、三瓶と婚約していた。

 記憶障害の原因は、脳の中の「ノーマンズランド」(医学的に人がメスを入れてはならない領域)にあり、手術を成功させるには「ノーマンズランドにある0.5ミリ以下の血管を2分で縫う」ことが必要だと判明。三瓶は諦めず、綾野(岡山天音)、星前(千葉雄大)、そして大迫(井浦新)も知恵を絞り…。そしてミヤビが倒れ、緊迫の最終回となる。

 『アンメット』とは、直訳すると「満たされない」という意味。三瓶は「できた影に光を当てても、また新しい影ができて、満たされない人が生まれてしまう。どうすればくまなく照らして、アンメットをなくせるのか。その答えを探しています」と苦悩してきた。最終回の予告動画でも、再びこのセリフが使われている。

 予告動画ではこのほか、ミヤビと三瓶の出会いのシーンや、2人で食卓を囲み、ミヤビが幸せそうにモグモグする姿、寝泊まりする様子も。果たしてこれは何を意味するのか。

■最終回(第11話あらすじ)

ミヤビが激しい頭痛に襲われ、倒れた。検査の結果、再発が認められ、このまま症状が進めば意識障害が出る可能性も高い。脳梗塞が完成して命に関わるのも時間の問題という切迫した状況に。

三瓶は、すでに数時間しか記憶がもたなくなっているミヤビに、これ以上症状が進行するようなら、手術を任せてほしいと伝えるが、ミヤビの意思は固く、やはり手術はしないという。

あきらめきれない三瓶は、限られた時間でノーマンズランドの0.5ミリ以下の血管を吻合(ふんごう)できるよう練習に没頭。しかし、ミヤビの気持ちを察した津幡(吉瀬美智子)から、「彼女が望んでいることをしてあげて」と言われ、あることを決意する。

過去2年間の記憶を失い、今日のことも明日には忘れてしまう——。記憶障害という重い障害を抱えながらも、毎日つづる日記を頼りに明るく前向きに生き、多くの患者に寄り添ってきたミヤビ。彼女の今日はまた、明日につながらなくなってしまうのか。命の危機にひんするミヤビと、彼女を救おうとする三瓶。2人を待ち受ける未来は。

オリコン

「最終回」をもっと詳しく

「最終回」のニュース

「最終回」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ