今夜『パーフェクトワールド』最終回、松坂桃李&山本美月は結婚を決意するが…

6月25日(火)10時0分 クランクイン!

ドラマ『パーフェクトワールド』最終話場面写真(C)関西テレビ

写真を拡大

 俳優の松坂桃李が主演を務めるドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の最終回が今夜放送。結婚を決めた樹(松坂)とつぐみ(山本美月)だったが、つぐみの父・元久(松重豊)は頑なに反対。樹は元久に正直な気持ちを打ち明けるが…。 本作は、不慮の事故により車いす生活を送ることになり、生涯一人で生きていくと決めていた建築士・鮎川樹が、高校の同級生・川奈つぐみと再会し、心を通わせていくことで2人の生き方が変化していくさまを描くラブストーリー。

 高校の同級生だったつぐみと再会したことがきっかけで、事故以来ずっと閉ざしてきた心の扉を開き、恋する気持ちも取り戻した樹。幼い頃からつぐみに想いを寄せていた洋貴(瀬戸康史)や、かねてから樹を支えてきたヘルパーの葵(中村ゆり)を巻き込みながらも、2人はさまざまな困難を越えてきた。一度はつぐみの幸せを考え、樹から別れを切り出したものの、運命が二人を再び引き合わせ、もう二度と別れないと決めた樹は、つぐみにプロポーズ。2人は人生を共に生きる覚悟を決めた。

 そんな2人の決断に、つぐみの父・元久だけは、娘が苦労するのは目に見えていると、2人の交際に断固反対。それでも、元久にも結婚の許しをもらおうと何度も家を訪ねるが、そのたびに門前払いされてしまう。

 そんなある日、やってきた樹と2人で話をしたいと申し出た元久。つぐみの幸せを願うなら、なぜ苦労をかけると分かっているのに結婚を望むのかと問う元久に、樹はつぐみと別れてから今日までの気持ちを包み隠さず話す。それでも決して首を縦に振ろうとしない元久だったが…。

 変わらぬ愛を胸に、逆境に立ち向かう樹とつぐみは、その手で幸せをつかむことができるのか。2人の一途な想いが奇跡を起こす…!?

 ドラマ『パーフェクトワールド』最終回は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜6月25日21時放送。

クランクイン!

「パーフェクトワールド」をもっと詳しく

「パーフェクトワールド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ