日テレ「ZIP!」、セネガル戦での本田のゴールを「全カット」

6月25日(月)15時49分 J-CASTニュース

セネガル戦で同点ゴールを決めた本田圭佑選手

写真を拡大

朝の情報番組「ZIP!」(日テレ系)がまとめたロシアW杯・日本対セネガル戦のハイライト映像で、本田圭佑選手の同点ゴールの場面がカットされるハプニングがあった。

まさかの編集ミスに、スタジオ出演者も「あれ?」「終わったんですか?」などと困惑しきりの様子。視聴者からもネット上に、「本田のゴールシーンは!?」「おーい!大事なとこ!」といったツッコミが相次ぐ騒ぎとなった。




「本田が意地の同点ゴール」テロップも...



2018年6月25日の「ZIP!」では、日本がセネガル相手に2-2で引き分け、大きな勝ち点1を得た試合を何度も取り上げた。VTRの内容にミスがあったのは、7時過ぎに始まった特集でのことだ。



この特集では、両国サポーターの反応を交えながら試合の模様を振り返った。例えば、日本が前半33分に乾貴士選手のゴールで同点に追いつくと、都内のパブリックビューイング(PV)会場に集まったサポーターが歓喜する映像が流れる——といった具合だ。



VTRに「異変」が起きたのは、セネガルの選手が一時2-1の勝ち越しとなるゴールを決めた映像が流れた直後のこと。なんと、そのまま試合経過を伝えるハイライトが終わってしまったのだ。



このとき、画面右上のテロップには「リード許し本田を投入 本田が意地の同点ゴール」と表示されていた。しかし、本田選手が途中出場でピッチに立ったシーンも、後半33分に同点弾を決めた場面も一切紹介されなかったのだ。



実際、セネガルが2点目を決めた直後にVTRで流れたのは、PVの会場にいたリポーターが、



「試合終了と同時に、皆さん立ち上がって拍手を送っています!!」


とサポーターの様子を伝える場面だった。続けて、西野朗監督や選手らの試合後インタビューの模様などが伝えられ、そのままVTRは終わった。




VTR終了後に謝罪



本田選手の劇的な同点弾がハイライトからカットされる事態には、スタジオの出演陣も困惑した様子。ハプニングが起きた直後には、スタッフのものか「おい!どういうことこれ」と憤った調子の男性の声が流れた。



また、画面右下のワイプに映った番組司会の桝太一さんは、怪訝な表情を浮かべながら「あれ?(試合)終わったんですか?」と小声でコメント。ゲスト出演していたサッカー解説者の北澤豪さんも、戸惑った様子で口をポカンと空けていた。



ハイライト映像を見ていた視聴者からも、ツイッターやネット掲示板に、



「本田のゴールどこいった!!?」

「肝心の本田のゴールシーン映ってないやんwww」

「えっ、この流れで本田選手のゴールシーンやらないの」

「ZIP半端ないって!(略)本田のゴールをなかったことにしてるもん」


といった驚きや困惑の声が続出。さらには、この番組VTRで初めて試合の結果を知った様子のユーザーからは、「これ引き分けたんだよね?」「訳がわからない」との反応も出ていた。



その後、番組ではVTR直後に桝さんが「大変、失礼いたしました」と謝罪。「この後、本田選手のゴールが生まれて日本が同点に追いついたんです」として、カットされた同点ゴールの映像を改めて紹介していた。

J-CASTニュース

「ZIP!」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ZIP!」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ