「アンメット」監督、続編に言及 最終回後の投稿が話題「待ってます」

2024年6月25日(火)11時7分 モデルプレス

若葉竜也、杉咲花「アンメット ある脳外科医の日記」最終話より(C)カンテレ

写真を拡大

【モデルプレス=2024/06/25】女優の杉咲花が主演を務めるフジテレビ系月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(毎週月曜よる10時〜)の監督を務めるYuki Saito氏が24日、自身のX(旧Twitter)を更新。続編について言及した。
◆杉咲花主演「アンメット ある脳外科医の日記」
原作は、講談社「モーニング」で連載中の「アンメット-ある脳外科医の日記-」(原作:子鹿ゆずる/漫画:大槻閑人)。事故によって記憶障害という重い後遺症を持つことになった主人公・川内ミヤビ(杉咲)が、目の前にいる患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマンドラマだ。
◆「アンメット」Yuki Saito監督、続編に意欲
この日、最終回を迎えた同作。Saito氏は「『#アンメット』全11話、ご視聴頂きありがとうございました!みなさんに愛される作品に育ち、感謝です」と視聴者への感謝をつづった。
続けて「(ここからは私見です)」と前置きしつつ、「願わくば、いやっ、どうしても、この物語の続きを描きたいです!」と続編に意欲的な様子。「この声が拡がり、実現できる明日に繋がりますように。その為に、今日やれることはやります!」とドラマの内容にかけてコメントした。
◆「アンメット」Yuki Saito監督の投稿に反響
この投稿にファンからは「観たい」「待ってます」「強く強く希望します」「またみんなに会えますように」と、続編を望む声が寄せられている。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「監督」をもっと詳しく

「監督」のニュース

「監督」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ