「UFO」の都倉俊一氏が作曲、和風エンターテイナー・小野小町が9・18メジャーデビュー

6月25日(火)16時16分 オリコン

9月18日にシングル「伝説小町」でメジャーデビューを果たす小野小町(左から)山川紗希、小西麗菜、坂中楓、福島彩菜 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 酒井政利氏がプロデュースを手がける女性4人組グループ・小野小町が、9月18日に都倉俊一氏作曲のシングル「伝説小町」でメジャーデビューを果たす。きょう25日、都内でデビューコンベンションが開催され、グループのリーダー的存在である小西麗菜(22)は「日本の伝統を、全世界に発信できるように夢を追いかけます」と目標である世界に向けて高らかに宣言した。

 女流歌人・小野小町をモチーフとして誕生した同グループは、歌だけでなく日舞、殺陣、イリュージョンなど革新的なショーを凝縮させた和風エンターテイメントを披露。メンバーは小西のほか、山川紗希(20)、福島彩菜(19)、坂中楓(25)で令和の新時代に日本の伝統芸能や魅力を世界に発信していくことを目標に結成された。

 プロデューサーは、南沙織をはじめ、フォーリーブスやキャンディーズ山口百恵さんら昭和のアイドルを多く送り出した酒井政利氏。デビュー曲を作曲・編曲したのは、ピンク・レディーの「UFO」や「サウスポー」、「ペッパー警部」など多くのメガヒット曲を手がけてきた都倉俊一氏。

 この日、報道陣と関係者を前にしてパフォーマンスを行った4人。太鼓演奏や殺陣の披露、デビュー曲「伝説小町」も披露して、最後は人体交換をするイリュージョンで会場をわかせた。小西は「昭和を支えてきた大先生に手がけていただき、本当に感謝しています。全員平成生まれなので、昭和の曲が新鮮に感じました。デビューに向けて辛いことも乗り越えてきたので、全世界の人に知ってもらえるように頑張りたいです」と意気込んだ。

 応援に駆けつけた都倉氏は「最初はこのプロジェクトが、何がなんだかわからなかった」と笑い「でも面白そうだと思いました。かわいい女の子たちがあれだけの芸ができるのはすごいこと。ぜひ結果が出せたら」と言葉を贈った。

オリコン

「UFO」をもっと詳しく

「UFO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ