Snow Manが上半期シングル&映像で4冠、“史上初”記録も連発「僕たちに初の経験をさせてくれてありがとう」【オリコン上半期】

2024年6月25日(火)4時0分 オリコン

『オリコン上半期ランキング2024』で「シングル」「DVD」「Blu-ray Disc」「ミュージックDVD・BD」1位となったSnow Man

写真を拡大

 Snow Manが、25日発表の『オリコン上半期ランキング2024』作品別売上数部門で、「シングルランキング」、「DVDランキング」、「Blu-ray Disc(以下BD)ランキング」、「ミュージックDVD・BDランキング」でそれぞれ1位となり、4冠を達成。「シングルランキング」1位はSnow Manにとって通算3度目であり、男性アーティスト史上初。「ミュージックDVD・BDランキング」での期間内売上82.3万枚も、オリコン上半期史上最高の期間内売上枚数となった。

■通算3度目の上半期シングル1位、今季唯一の100万枚超え

 今回の記録に対し、メンバーの岩本照は「こんなにも素晴らしい賞をいただけて光栄です。いつも応援してくれて、物凄く力になってくださっているファンの皆様のお陰です。いつも本当にありがとうございます」と、感謝のコメント。渡辺翔太も、「僕たちが作り上げたものを皆さんが楽しんでくださっているから、このような結果を頂けているのかなと思います!! 下半期も、皆さんに楽しんでもらえるようなコンテンツをたくさん届けられるように頑張りますので、楽しみにしていてください」と、抱負を語った。

 「シングルランキング」では、シングル「LOVE TRIGGER /We'll go together」が、期間内売上125.8万枚で1位を獲得。Snow Manは2021年度、2022年度でも1位を獲得しており、今回で自身通算3回目の上半期シングル1位に。通算3度の上半期シングルランキング1位獲得は、男性アーティスト史上初となる。

 また、125.8万枚の売上は、2023年度「タペストリー/ W」の99.2万枚を超え自己最高で、自身初の上半期期間内売上ミリオンを達成。なお、「上半期シングルランキング2024」において、唯一の期間内売上100万枚超え作品となっている。

 本作「LOVE TRIGGER /We'll go together」は、2024/2/26付「オリコン週間シングルランキング」で、今年度最高かつ自己最高となる初週売上119.3万枚で初登場1位を獲得。自身初、男性アーティスト史上4組目となる初週ミリオンを達成した。Snow Manは、2020/10/19付の「KISSIN’ MY LIPS/Stories」から本作まで、9作連続の週間シングル1位を獲得【※】している。

 そのほか、「シングルランキング」では、2位にAぇ! groupのデビューシングル「《A》BEGINNING」、3位に乃木坂46「チャンスは平等」がランクインしている。

 また、同「DVDランキング」、「BDランキング」では、Snow Manの音楽映像作品『Snow Man 1st DOME tour 2023 i DO ME』が、期間内売上DVD:31.1万枚、BD:51.2万枚で、ともに上半期1位を獲得。音楽映像作品のDVD・BDを合算集計した「ミュージックDVD・BDランキング」でも合計売上82.3万枚で1位を獲得し、2024年上半期の映像3部門同時1位を達成した。

 Snow Manの上半期映像3部門同時1位獲得は、2021年度での『Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.』以来、3年ぶり自身通算2回目。通算2度の上半期映像ランキング3部門同時1位獲得は、嵐に続き史上2組目の達成となる。

 期間内売上枚数は、上半期「DVDランキング」、「BDランキング」、「ミュージックDVD・BDランキング」いずれも自己最高を記録。また、上半期「ミュージックDVD・BDランキング」での期間内売上82.3万枚は、オリコン上半期史上最高の期間内売上枚数となった。

 本作は、2023年12月31日に発売。2024/1/8付「オリコン週間ミュージックDVD・BDランキング」で、自己最高となる初週73.4万枚を売り上げ、初登場1位に。同日付「週間DVDランキング」、「週間BDランキング」でも1位を獲得し、1st音楽映像作品である『Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.』から4作連続、通算4作目となる映像3部門同時1位を記録した。

 そのほか「映像ランキング」では、『映画『THE FIRST SLAM DUNK』STANDARD EDITION』が「DVDランキング」2位、「BDランキング」5位にランクインした。

【※】2020年1月に「SixTONES vs Snow Man」としてリリースした「Imitation Rain/D.D.」は別名義作品

——シングル「LOVE TRIGGER / We'll go together」が上半期シングルランキングで1位。音楽映像作品『Snow Man 1st DOME tour 2023 i DO ME』が、上半期映像ランキング主要3部門で同時1位を獲得し、『オリコン上半期ランキング 2024』において作品別売上数部門4冠を達成されました。受賞の感想をお聞かせください。

【岩本照】こんなにも素晴らしい賞をいただけて光栄です。いつも応援してくれて、物凄く力になってくださっているファンの皆様のお陰です。いつも本当にありがとうございます。感謝しています。

——2021年の「Grandeur」、2022年の「ブラザービート」に続き、2024年は「LOVE TRIGGER / We'll go together」で3度目の上半期シングルランキング1位を獲得。通算3度の上半期シングル1位獲得は、男性アーティスト史上初の記録となりました。CDデビューされた当時より「“初”の記録をたくさん獲っていきたい」と意気込みを語っていました。また一つ記録を達成された、いまのお気持ちをお聞かせください。

【岩本照】史上初。この言葉と、導いて支えてくださっている方々のお陰で、また一つ僕たちに初の経験をさせてくださりありがとうございます。初をこれからも、皆様とたくさん経験していきたいと思っています。

——さらにシングル「LOVE TRIGGER / We'll go together」は、初の初週ミリオンとなる初週119.3万枚を売り上げており、今期唯一の上半期期間内売上ミリオン突破作品となりました。大きな記録を達成された本作は、岩本照さん、渡辺翔太さんそれぞれが主演されたドラマ主題歌を収めた両A面シングルとなっています。それぞれの楽曲の好きなポイントを教えていただけますか。まず、「LOVE TRIGGER」の好きなところをお教えください。

【岩本照】初めて聴いたときにお洒落な余裕感を物凄く感じました。その雰囲気をSnow Manらしく表現できた一曲だと思います。

——「We'll go together」はいかがですか?

【渡辺翔太】「We'll go together」の好きなところは、シンプルにアイドルソング感があるところです。ダンスチューンではない違ったSnow Manの魅力をまた引き出せた1曲かと思います。歌詞の部分ではドラマとのリンクももちろんありますが、Snow Manにもリンクしていると思っています。サビの“あの日あの場所で巡り会えたこと永遠だから”というフレーズが実際にそうだなと思えるような歌詞で、とても好きなところです。

—— 映像ランキングでは、『Snow Man 1st DOME tour 2023 i DO ME』が、DVD、Blu-rayDiscの期間内売上枚数を合算集計した「上半期ミュージックDVD・BDランキング」において、オリコン史上初となる期間内売上80万枚超えを記録されました。ライブを振り返っていかがでしょうか。

【渡辺翔太】初のドームツアーを振り返ると、鳥肌が立つほど本当に素敵な景色でした。感情も爆発して、気がついたらリハーサルとは違う立ち位置にいたり、衣装を気づいたら脱いでいたり。決められたルールを守りながらも、その中でルールよりもその時の感情を優先し、ステージを楽しむことができたと思いますし、よりライブ感を出せたのかなと思います。それはライブを盛り上げてくれた皆さんのおかげです! そしてもっと、いろんな人にSnow Manのライブを見て欲しいという欲ももっと強まりました。

——作品を手に取ってくださった皆さんへ一言お願いします。

【渡辺翔太】いつも本当にありがとうございます! 僕たちが作り上げたものを皆さんが楽しんでくださっているから、このような結果を頂けているのかなと思います!!
下半期も皆さんに楽しんでもらえるようなコンテンツを、たくさん届けられるように頑張りますので楽しみにしていてください。

※集計期間:2023/12/25付〜2024/6/17付 (実質集計期間:2023/12/11〜2024/6/9)

オリコン

「記録」をもっと詳しく

「記録」のニュース

「記録」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ