震源からわずか10キロ 籠池氏の自宅に安否確認直撃

6月25日(月)7時0分 NEWSポストセブン

幸い被害はなかったという(時事通信フォト)

写真を拡大

 そういえば、あの人は大丈夫か──大阪北部地震発生の第一報を聞いたとき、森友学園問題を取材してきた本誌記者の頭に浮かんだのは、籠池泰典・前理事長の顔だった。


 大阪・豊中市にある籠池氏の自宅は震源から西にわずか10キロ、揺れは震度5弱。約1年前に多くの報道陣が詰めかけ、連日のようにテレビに映った籠池邸は築約40年。外壁や門扉は見るからに古い造りだった。


 補助金詐欺容疑で起訴された籠池氏は去る5月25日に保釈され、自宅に戻っていた。地震発生時の様子をこう語る(以下「」内は籠池氏)。


「いや〜、ビックリしましたわ。犬の散歩が終わって、餌をやった直後に突然“ドーン”と揺れがきました。妻含め、家も無事ですし、家族にも怪我はありません。なんせウチには、倒れてくるような家具も、割れて危ない食器もない。紙皿を使って食事してるくらいですから」


 だが、籠池氏がこの家に住める時間はもう長くない。民事再生中の森友学園に対して大阪地裁は今年6月14日、自宅を強制競売にかけると公告。入札期間は6月28日〜7月5日で、土地と建物一括の売却基準価格は2138万円。最低価格(買受可能価格)は約1710万円だ。


「もともと土地と建物を合わせて4000万円とか5000万円で買ったものなんですけどね……こんなに安くなってしまうのは悲しいですな。今回の地震でも傷やひびはひとつも入らなかった。この家より、瑞穂の國記念小學院のほうが心配です。ガラス製品が多い理科室なんか、大丈夫やろか。人目が気になるし、なかなか様子を見にいけなくて……」


 そう心配する籠池氏。そんな中、一段と声を大きくしたのは震災翌日の出来事だった。


「加計学園の加計孝太郎(理事長)さんの会見、あれは酷い! 安倍さんと話をしてない訳がない。とても本当のことを言っているとは思えません。


 内容も酷ければ、やり方も酷い。こんな大地震があった翌日のドサクサに紛れて会見をするなんて、大阪の人は皆怒ってますよ! ワールドカップに国民の目が向いている間にカジノ法案を通そうとする安倍首相とやり口が一緒です。


 今後は自分の裁判の準備を進めつつ、カジノ法案に反対する署名も集めていこうと思っています」


 怒濤の勢いでまくしたてた30分。とにかく無事で何よりです。


※週刊ポスト2018年7月6日号

NEWSポストセブン

「籠池」をもっと詳しく

「籠池」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ