中居正広、今年の契約更新でジャニーズ残留を決めた最大の理由

6月25日(月)21時30分 週刊女性PRIME

ジャニーズ事務所が買収した乃木坂ビルは国内で1、2を誇るレコーディングスタジオが併設されている

写真を拡大



 残留か、新しい事務所への移籍か─。昨年の今ごろと同様、中居正広の契約更改問題がまたも浮上している。

SMAP解散を受けて、木村拓哉さんが残留する一方、ほかの4人が退社すると思われていました。でも、実際には中居さんが残留。稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人は'17年9月にジャニーズ事務所を出ました。

 契約更改の3か月前に事務所に通告することになっているので、彼らの退社は昨年6月の時点で明らかに。今年は中居さん、木村さんが契約更新するかどうかが注目されていました」(スポーツ紙記者)

 木村は映画『検察側の罪人』や『マスカレード・ホテル』の公開が控えており、来年10月クールのドラマにも主演が内定していて、残留が濃厚。しかし、中居は契約更新をしない可能性がゼロではない。

「昨年は思いとどまりましたが、中居さんは先に出た3人の所属事務所に合流するのではないかと言われてきました。今年の更新のタイミングで、もしかすると退社の意向を伝えたのでは……とも噂されています」(芸能プロ関係者)

 退社が“根拠のない話”と一蹴できないのは、中居の行動によるところが多い。

「4月7日に放送された『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)では、新しい地図の楽曲『雨上がりのステップ』をフルコーラスで流しました。円満とはいえない形で事務所をやめた3人の曲を彼が取り上げるのは、この世界の常識的にはありえないですね」(ラジオ局関係者)

 事務所を出たタレントについては、名前すら出さないというのがジャニーズの暗黙のルールだという。

「“僕も以前に音楽に携わることがあったんで……。詳しいワケじゃないですけども、これはダメですね”とイジっていました。中居さんは以前からSMAPの曲をかけたりしていて、グループ活動自体がなかったことにはしていません。だから、3人に合流するのではという噂が消えないのです」(同・ラジオ局関係者)

 これよりも、もっと露骨に3人を応援するような行動も目撃されている。



■中居自ら直談判することも



「某局のチーフプロデューサーに“あの3人とかどうですかね?”と新しい地図のメンバーがテレビ番組に起用されるように、直談判しているんだそうです。“深夜(番組)でもいいから……”と粘ったこともあったと聞きました」(番組制作スタッフ)

 稲垣、草なぎ、香取は、以前に引けを取らないくらいCMへの出演もあり、SNSを始めてそれなりの存在感を示しているが、地上波のテレビ出演はめっきり減った。

「テレビに出づらい環境の彼らをアシストしてあげたいという気持ちが強いのでしょうが、中居さんにはプラスになりません。事務所から離れた人を推薦するというのは、業界的にはタブー。事務所から睨まれることを恐れずに行動しているのは、“将来的には3人と共演を……”という願いがあるからだと思います」(同・番組制作スタッフ)

 5月上旬には、中居が香取と食事をしていたという報道もあった。合流を決断したのではないかという声が大きくなったが、実際のところは今年の移籍はなくなったらしい。

「中居さんはすでに残留するという意向を事務所に伝えたそうです。実は、デビューが9月9日なので、その3か月前にあたる6月9日が回答期日だったのです。今年も9月に、契約を延長する運びになるでしょう」(テレビ局関係者)

 中居には、まだジャニーズ事務所をやめられない理由がある。ひとつは、ジャニー喜多川社長への思いだ。

「SMAPはジャニー社長が手塩にかけて育てた最後のアイドルだったと言われています。今では優しい印象のジャニーさんですが、ときに罵声を浴びせながら厳しくレッスンをしたのがSMAPでした。劣等生だった中居クンには、ジャニーさんがマンツーマンで教え込んだんです。彼はそのときの恩を忘れていませんよ」(前出・芸能プロ関係者)

 もうひとつは“得意分野”を手放したくないという思い。

「中居さんは今や司会者として盤石の地位を手に入れています。進行の実力は折り紙つきで、現在は毎週5本の番組にMCとして出演中。もし事務所をやめれば、先に出ていった3人のようにテレビ出演がなくなるかもしれない。圧力があるかどうかはわかりませんが、現場の忖度がありますからね。テレビに出演し続けるためには、現事務所を離れるという選択はできないと思いますよ」(同・芸能プロ関係者)

 テレビに出られなくなる事態は避けたいのだ。なぜなら、近い未来に中居が捨てられない“大イベント”が控えているからだという。



■中居・ジャニーさんの集大成



「'20年の東京五輪で、キャスターをやることに並々ならぬ意欲を持っているんですよ。中居さんは'04年に開催された夏季アテネ五輪に始まり、夏季・冬季合わせて8大会連続でTBSのオリンピックメインキャスターを務めています。

 このままいけば、東京五輪でもキャスターに任命されることは間違いないでしょう。自国開催の五輪を逃すわけにはいきません。

 ジャニー社長もプロモーターとしての集大成の場と考えています。恩人の晴れ舞台に花を添えたいという気持ちは強いんです。少なくとも、五輪が終わるまでは退社することはないと思います」(同・芸能プロ関係者)

 五輪キャスターになれば、あの3人との“夢の共演”が実現する可能性もあるのだ。

「東京パラリンピックのスペシャルサポーターは、稲垣さん、草なぎさん、香取さんが務めることになっています。もともとはSMAPとして、'15年からパラリンピックの応援サポーターを務めていました。

 5人そろうのは無理でも、キャスターを務める中居さんと、スペシャルアンバサダーの3人が並ぶ姿を見ることができるかもしれません」(前出・スポーツ紙記者)

 今後の動向でカギを握ると考えられているのがSMAPの育ての親、Iマネージャーだ。

「映画『クソ野郎と美しき世界』をヒットさせるなど変わらない敏腕ぶりを発揮しているIさん。中居さんは今も密に連絡をとっているという話も聞きます。

 ただ、当のIさんは、“中居の(去就について)考えていることがわからない……”と周囲に漏らしているとか」(前出・芸能プロ関係者)

 中居が若いときから一緒に活動してきたIマネージャーなのに、なぜ彼の気持ちを理解できないのだろう。

「Iさんが“わからない”と話しているということは、中居さんが明確な意思を示していないんだと思います。“ジャニーズ事務所に残ります”とも“(3人に)合流します”とも口にしていないのでしょう。事務所をやめ、合流したいと思っていても、今がベストタイミングではない、というところなのでしょう」(ワイドショースタッフ)

週刊女性PRIME

「中居正広」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「中居正広」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ