『月曜から夜ふかし』若い頃の自分に伝えたいことランキング マツコと村上信五が重視したのは…

6月25日(火)6時31分 しらべぇ

25日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で公開された「若い頃の自分に伝えたいことランキング」が話題だ。

 

■若い頃の自分に伝えたいことランキング

マツコが興味を示したことから発表することになった「若い頃の自分に伝えたいランキング」。フリップには既に10位から5位までが記載されており、

5位:貯金/4位:親孝行/3位:人脈を広げておけ/2位:海外旅行

 

というもの。マツコはこれを見て、「これ勉強とかだったらつまんないわよね、大丈夫?」と心配。そして先に答えを確認すると、「限定されている」と村上信五にヒントを出す。

村上信五はこれを見て、「語学とかそういうこと?」と回答。ぴったり正解で、1位は「外国語を学べ」というものだった。

 

■マツコと村上が選ぶ「若者に伝えたいこと」は

マツコは「もっと外国の人とコミュニケーション取りたいと思ったってこと?」とビックリ。さらに現在は優秀な翻訳機も出ているとして、「今の若い人に自身持って言えるかな?」と疑問視する。

そして「今の若い子に、今何をしたらおすすめかってなったら何?」と村上に質問。マツコは「そしたらこれが1位になるのかやっぱ」と「人脈を広げておけ」を指差す。

これには村上信五も「と思うなあ。人脈はやっぱり買えないしね」と同調。なぜかマツコは「さ〜すがだなあ。いやあ、もうビックリしますわ〜」と驚きの声を上げた。

■視聴者も思い思いに…

「若い頃の自分に伝えたいランキング」を見た視聴者は、それぞれに「伝えたいこと」を呟いている。

また、マツコと村上が指摘した「人脈を広げておけ」については、「闇雲に広げすぎるとヤバイ人と出会って会社をクビになり先輩を謹慎に追い込むことがあるので注意が必要」と、今話題の何かを連想させる指摘が多く上がった。

 

■「若い頃勉強しておけば」と思う人は多い

人間なら誰しもが「学生時代に勉強しておけばよかった」と思うもの。外国語の習得もその1つで、『月曜から夜ふかし』によると、大人になって重要性を実感した人が多いようだ。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,537名を対象に実施した調査では、各世代で6割から7割が「学生時代勉強しておけばよかったと思う」と回答している。

マツコの言うように今後優秀な翻訳機が出てくる可能性が高いが、細かいニュアンスまでは伝わらない。外国語を習得しておけば、それだけ意思疎通が容易になるということを考えると、やはり勉強は必要なのかもしれない。


・合わせて読みたい→村上信五、「心から人を好きになれない」診断結果に撃沈 「当たってるよ…」


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日

対象:全国20代〜60代の男女1,537名(有効回答数)

しらべぇ

「ランキング」をもっと詳しく

「ランキング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ