芸能美女の“生娘卒業”(9)榮倉奈々、地元・鹿児島時代に“12股伝説”が!

6月26日(水)5時58分 アサ芸プラス

 2016年に主演ドラマ「Nのために」(TBS系)で共演した俳優の賀来賢人と、1年の交際を経て結婚し、17年6月には一児の母となった榮倉奈々

「榮倉との結婚後、賀来は俳優としてメキメキと頭角を現しており、昨年は映像化不可能と言われた人気コミック『今日から俺は!!』のドラマ(日本テレビ系)に出演し、これが大ヒット。7月からはやはり人気コミック『アフロ田中』のWOWOWドラマの主演が決まっており、さらに注目を集めています。榮倉は間違いなくアゲマンでしょうね」(テレビ誌記者)

 榮倉は、08年のNHK朝ドラ「瞳」のヒロインを演じ、清純派女優としての地位を確たるものとしていたが、実は、かなりの肉食女子のようだ。

水嶋ヒロ岡田将生岡田准一といったイケメン俳優、さらにはサッカー元日本代表の長谷部誠との関係が噂されたこともあるし、13年にはマッチョなフジテレビ社員との焼き鳥デートもフライデーされています。ああ見えて大変な酒豪で、アルコール度数の高い酒を平気でガブ飲みするようなタイプ。そのまま男性をお持ち帰り…というのが榮倉スタイルと言われていました」(芸能記者)

 そんな榮倉の初体験の相手は、いったい誰なのだろうか。

「あの美貌とスタイルで、地元・鹿児島時代にはウソかマコトか“12股”をかけていたなんていう仰天の噂までありますからね。そんな具合であれば、中学3年にデビューする前の14〜15歳ですでに男の味を知っていたのでは」(夕刊紙記者)

 そこまでいくとむしろカッコいい。

(露口正義)

アサ芸プラス

「榮倉奈々」をもっと詳しく

「榮倉奈々」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ