オスカーとティナーシャの“運命”の物語は続く―アニメ『Unnamed Memory』第2期、2025年1月より放送&CM解禁

2024年6月26日(水)1時0分 クランクイン!

テレビアニメ『Unnamed Memory』が本日最終話を迎え、2025年1月より第2期が放送されることが決定。併せて第2期のティザービジュアルとCMが解禁された。

 本作は、「このライトノベルがすごい!2020」(宝島社刊)にて単行本・ノベルズ部門&同部門新作ダブル1位を獲得した伝説的web発ノベルのアニメ化。

 絶大な力を操る5人の魔女が、人々にとって畏怖の象徴となっていた時代—。大国ファルサスの王太子・オスカーは、幼い頃に受けた「子孫を残せない呪い」を解呪するため、荒野の塔に棲む“青き月の魔女”ティナ—シャのもとを訪れる。どんな望みも叶えるという“魔女の塔”の試練を乗り越えたオスカーが望んだのは、ティナ—シャを妻として迎えることで…。

 魔女の契約者となった王太子と、王太子の守護者となった魔女。2人の出会いは“魔女の時代”に変革をもたらし、やがて、世界の〈運命〉を書き換えることになる。オスカーとティナーシャの行く手に待ち受ける物語とは—。

 大国ファルサスの王太子・オスカーと“青き月の魔女”ティナーシャの荒野の塔での出会いから始まった本作。

 オスカーにかけられた呪いの解呪に成功し、400年前から続く魔法士ラナクとの因縁にも決着をつけたティナーシャ。“呼ばれぬ魔女”レオノーラとの戦いもオスカーと共に乗り越え、ようやく結ばれた2人は、ファルサスの人々に祝福されて結婚式を執り行う。

 しかし、平穏が訪れたのも束の間、時を超える魔法球が発動し、オスカーは400年前の世界へと跳ばされる。そこで起きる悲劇を見過ごせず、ティナーシャを救うオスカーだが、過去を改変したことにより、これまでの歴史は消滅してしまう。残されたティナーシャは新たな未来でのオスカーとの再会を願い、長い眠りにつく。二人は再び巡り会うことができるのか…? 書き換えられた“運命”の物語はAct.2へと続く—。

 衝撃の展開で幕を閉じた本作は、2025年1月より第2期が放送されることが決定。Act.2のティザービジュアルには、静かに目を閉じ、白い服に身を包んだティナーシャの姿が描かれている。

 さらに、第2期に向けたCM映像では、オスカーとティナーシャの過去とともに、それぞれの交錯する想いが語られています。「白紙よりもう一度」という言葉で締めくくられた映像から、今後のふたりの物語に期待が高まる。

 テレビアニメ『Unnamed Memory』Act.2は、2025年1月より放送開始。

クランクイン!

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

「アニメ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ