9年かけて超巨大宇宙戦艦をレゴで作ってみた! パーツ総数不明、男のロマンを詰め込みすぎて「家に置けない」「要塞じゃねえか」

6月26日(水)16時30分 ニコニコニュース


 今回紹介するのは、やもさん投稿の『【LEGO】5.5メートル宇宙戦艦やっと出来た【ゆっくり】』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

9年の歳月を掛け、レゴで大きな宇宙戦艦を作りました。

 投稿者のやもさんが9年もの歳月をかけて、巨大な宇宙戦艦をレゴで作りました。動画からもわかるように、机1つでは置けないほどの大きさです。

 全長5.5m。総パーツ数は制作者ですら分からないとのことです。あまりにも巨大な戦艦なため、細部の設定もすさまじい数になっています。

 船首側には、ホーミングレーザーがなんと168基も搭載されています。

 レーザー部分の後方には、機関砲があります。シールド付きなので操縦者も安心の設計です。

 艦首側面の最後には、戦闘機格納ドックがあります。取り外しが可能なので、好きな場所に配置することができます。

 戦艦の中央部には上段が艦橋。中段にエンジン心臓部。下段に大型格納庫があります。中心のエンジン部分は回転するということなのですが、展示中に回転させすぎて壊れてしまったとのこと。

 艦長などがいる艦橋部分は単体で宇宙船になり、緊急時には脱出することができます。

 左右にある超大型スラスターはなんと40基もあり、迫力満点です。

 最後にこの宇宙戦艦の目玉である最強の兵器、強制収束型波動砲です。名前にとてもロマンを感じます。

 区画1つ1つに緻密な設定があり、見ていて飽きません。記事内では紹介しきれなかった部分が多くありますので、詳しく見たい方は、ぜひ動画をご視聴ください。

視聴者のコメント

すげえ、一基づつ人員が要るんだ。兵站をどうするかロマンを感じるね
なんて非人道的な主砲w
まさに男のロマン
かっけえなあ
もう。笑うしかない

▼動画はこちらから視聴できます▼

『【LEGO】5.5メートル宇宙戦艦やっと出来た【ゆっくり】』

—あわせて読みたい—

・レゴで“振り子時計”を作ってみた! 伝統の技術を忠実に再現したロマンあふれるギミックに「こういうのワクワクする」の声

・これで宇宙まで行くぞ! レゴブロックを自動で積み上げ続けるマシンの新作が爆誕。「これで軌道エレベーター建てよう」の声

ニコニコニュース

「宇宙」をもっと詳しく

「宇宙」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ