『ブルーモーメント』最終話 「最後まで戦い続ける」覚悟を決めた晴原(山下智久)が台風迫る東京に…

2024年6月26日(水)7時0分 オリコン

水10『ブルーモーメント』最終話より(C)フジテレビ

写真を拡大

 歌手・俳優の山下智久が主演を務める、フジテレビ系4月期水10ドラマ『ブルーモーメント』(毎週水曜 後10:00)の最終話が、26日に放送される。それを前に、あらすじと場面写真が解禁された。

 本作は、現在『COMIC BRIDGE』(KADOKAWA)で連載中の小沢かな氏による『BLUE MOMENT』が原作。ドラマは、甚大な気象災害によって脅かされる人命を守るべく、知恵と知識を駆使して現場の最前線で、命がけで救助に立ち向かうSDM本部(特別災害対策本部)メンバーの奮闘物語となる。山下はSDM本部のチーフ/気象研究官を務める主人公・晴原柑九朗、ヒロインの出口夏希は、気象庁気象研究所の研究助手・雲田彩を演じる。

■最終話あらすじ
 観測史上最強クラスの台風が東日本に迫っている影響で、遠隔豪雨が埼玉で発生。道路で大規模な陥没が起こった。晴原(山下)の解析とともに、園部優吾(水上恒司)が救助に全力を注ぐ。汐見早霧(夏帆)は救助者たちの処置をするが、SDMとして初めて一般人の死者が出てしまう。

 「最後まで戦い続ける」そう覚悟を決めた晴原は、台風が迫っている東京へ向かった。暴風雨に対する注意喚起をメディアやSNS、無線で呼びかけようとするが、停電や通信障害によって対応ができず、彩(出口)と丸山ひかる(仁村紗和)が現地へ向かうことに。

 彩たちが一軒一軒、マンションの管理人に注意喚起を呼びかける中、自主避難をしている人の目撃情報が入ってくる。彩とひかるは、自主避難者の緊急保護に向かい合流に成功した。急いで避難する彩たちだったが、そこへ急激な暴風が襲い掛かってきて…。

オリコン

「モーメント」をもっと詳しく

「モーメント」のニュース

「モーメント」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ