木下優樹菜、福祉施設からファンレター その内容に「涙が止まらない…」

6月26日(水)20時1分 しらべぇ

タレントの木下優樹菜が26日、自身のインスタグラムを更新。ファンから送られたファンレターに涙してしまった理由を明かしている。

 

■福祉施設からファンレター

木下は2006年にスカウトされてから2019年までの13年間、多くのファンからファンレターを貰ったことに感謝の意を示すコメントを投稿。そして、この日に届いたある1通のファンレターを掲載した。

差出人は府中市にある、とある福祉センターの職員。手紙の内容は、利用者の男性が木下のファンであり、どうしてもファンレターを送りたくて一緒に作成したという内容のものであった。

男性は、木下が出演していた『ヘキサゴン』も大好きで、DVDも沢山所有しており、日々の楽しみにしているのだそう。

View this post on Instagram

嬉しい。 この2006年から13年たくさんのお手紙ありがとう。きょうは福祉センターから届いた💓いっしょけんめい描いてくれた黒ペン🖋ゆきなとりりなの画像を見ながら描いてくれたの。もうね。愛って凄いょ。涙が止まらないくらい、 わたし、がんばるよ! 石橋くんありがとう。これを送ってくれた、福祉センターの方も、ありがとうございます。 宛名がなかったから… ここですみません。。 どうか、届きますように…💖

A post shared by yuuukiiinaaa (@yuuukiiinaaa) on Jun 25, 2019 at 11:16pm PDT

 

■「どうか届きますように」と願いを込めて…

この手紙には、男性がファンレターを書いている様子を収めた写真も同封されており、木下は「ゆきなとりりなの画像を見ながら描いてくれたの。もうね。愛って凄いょ。涙が止まらないくらい、 わたし、がんばるよ」と、感動した様子を見せた。

また、手紙には宛名が書いていなかったらしく、自身のインスタグラムでの返答となってしまったことも明かし「どうか届きますように」と、願いを込めて投稿を締めくくっている。

■「感動した」などの声が寄せられる

この心温まる投稿に、ファンからも多くのコメントが寄せられた。

「私まで涙が出てきました」

 

「素敵ですね! どうか届きますように」

 

「一生懸命書いたんだなと思い涙が出ます。代筆の方も素晴らしい! なんか感動しました」

 

「感動です」

 

「利用者さんの思いにこたえ、その思いを代弁される施設って早々ないです。丁寧に思いを代弁されて、素敵な施設で素敵な職員さんですね」

 

「感動した」などの意見が多く寄せられており、中には利用者の思いに応えた福祉施設の職員を称賛する声も。

 

■ファンレターを書いた経験は?

好きな芸能人に思いを伝えるために、ファンレターを送る人も多いはず。では、世の中にはファンレターを送ったことがある人はどのくらいいるのだろうか。

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,363名を対象に「ファンレター」について調査を実施。その結果、全体の27.1%が「ファンレターを書いたことがある」と回答している。

3割弱の人が、ファンレターを送った経験があるということが発覚した。

今回の心温まる出来事は、木下にとってもかけがえのない出来事になったに違いない。このインスタグラムの投稿が男性の元へ届くように願いたい。


・合わせて読みたい→木下優樹菜、”美背中”を大胆露出で水着の跡がクッキリ 「セクシー」「綺麗…」


(文/しらべぇ編集部・溝田 ももこ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年8月31日〜2018年9月3日

対象:全国20代〜60代の男女1,363名(有効回答数)

しらべぇ

「福祉」をもっと詳しく

「福祉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ