“ドラクエオタク”本田翼27歳に ブレイクのきっかけを作った「吉本芸人」とは

6月27日(木)11時0分 文春オンライン

 モデル・女優の本田翼がきょう6月27日、27歳の誕生日を迎えた。今月には、ヒロイン役で出演したフジテレビの月9ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』が最終回を迎えたばかり。映画でも『空母いぶき』『新聞記者』など話題作への出演があいついでいる。モデルとしては、昨年5月、2010年より8年務めた『non-no』の専属モデルを卒業し、7月からは同じく集英社の女性誌『MORE』のレギュラーモデルとなった。昨年はこのほか、9月にゲーム実況配信をメインとしたYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」を開設したり(現在までにチャンネル登録者数は110万人を超える)、11月公開の映画『ヌヌ子の聖★戦〜HARAJUKU STORY〜』では衣装スタイリングを手がけたりと、新たな挑戦が続いた。



6月27日で27歳になった本田翼 ©getty


「気になる女の子」と紹介した吉本芸人


 1992年に東京に生まれた本田は、2006年、モデルデビューした。『non-no』初登場は2009年。このときの髪型はロングだった。1年後、同誌の専属モデルになることが決まった号(2010年6月5日号)で、ロングヘアをばっさり切ってショートヘアに変身。これが人気を集め、以来、トレードマークとなる。もっとも、このとき高校3年生だった彼女は、大学を目指して受験勉強中で、合格したらモデルの仕事はやめるつもりでいたという。しかし受験前日にインフルエンザにかかってしまい、不合格に終わる(※1)。


 2011年にはテレビドラマに初出演し、女優の仕事もスタートする。これは受験に失敗して浪人するつもりでいたところ、マネージャーから「とりあえず1年、芸能活動を頑張ってみない?」と言われ、1年限定ならいいかと受け入れたのがきっかけだった。ただし当時は、女優の仕事は向いていないと思っており、実際、最初の半年はオーディションに落ち続けた。そのたびに「ほら、向いてないって言ったじゃん」と思いながら、期限の1年が過ぎ去るのを待ち続けていたという。それが、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾に深夜番組で「気になる女の子」として紹介されたことから、急に色々な仕事が舞い込むようになる(※1)。ダイドードリンコの缶コーヒーのCMに出演したのもこのころだ。CMのなかで「本田翼です」と言いながらオーディション会場に駆け込む彼女を見て、その名を知った人も多いのではないか。




「仕事がない日は早起きして1日中ドラクエ」


 2012年には、『GTO』(フジテレビ)などドラマにあいついで出演するとともに、トーク番組『A-Studio』(TBS)のアシスタントも務める。また、同年公開の映画初出演にして初主演作『FASHION STORY〜MODEL〜』では、駆け出しの雑誌専属モデルという等身大の役を演じた。


 ちょうどこの年、オンラインゲーム『ドラゴンクエストX』がリリースされている。すでに多忙をきわめていたはずの本田だが、『ドラクエX』を買ってから1年くらいは、仕事が終わって帰宅したらゲームをやり、仕事のない日も早起きして1日中プレイするという生活を送っていたとか。《オンラインゲームなので、チャットという会話できる機能があって、現実で誰にも会わなかった日でも、ゲームの中の世界でコミュニケーションが取れるんです。私は仕事柄、生活が不規則ですけど、皆さんはだいたい生活リズムが決まっているので、この時間になると誰々さんが現れるとかがわかって、つながってる感がするんです》とは、『ドラクエX』で知り合った男女2人のシェアハウス生活を描いたドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』(MBS・TBS系、2019年)出演時の発言だ(※2)。



 ゲームやマンガが趣味だということは、ブレイクするにしたがい認知されるようになった。2013年に“本田翼1st-Last写真本”と銘打って刊行された『ほんだらけ 本田本』(SDP)では、布団の上でマンガを読みふけったり、『鋼の錬金術師』のホークアイ中尉など好きなマンガのキャラクターに扮したりして写真に収まっている。なお、『鋼の錬金術師』はのち2017年に実写映画化されたが、このとき本田は主人公エドワードの幼馴染のウィンリィを演じた。


 2013年放送のドラマ『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(TBS)で、木村拓哉演じるアンドロイドを修理するアンドロイドを演じるなど、本田には非現実的な役がよく似合う。一方で、前出の『ラジエーションハウス』では放射線科医、『空母いぶき』ではネットニュース記者と、それぞれ深刻な事態に直面して自らの使命に突き動かされる女性を演じた。非現実的なキャラクターも、現実に立ち向かう人物も、いずれもこなしてしまうことこそ、本田が演じ手として重宝される理由なのかもしれない。『ラジエーションハウス』出演に際しては、演じた放射線科医について《ひとつのことに集中すると周りが見えなくなる感じは、ちょっと私に似ているかも》と語っている(※3)。



「ブレんじゃねえぞ!」


 前出の『ゆうべはお楽しみでしたね』で演じたゲームに没頭するヒロインもまた、「ひとつのことに集中すると周りが見えなくなる」点で共通する。こうしたオタク系な役柄は、より彼女の素に近いのだろう。2017年放送のドラマ『わにとかげぎす』(TBS)では、有田哲平演じる冴えない中年フリーターに恋して1人で盛り上がってしまう小説家志望のWEBライターを演じ、妙にリアリティがあった。最近ではまた声の仕事も目立つ。NHKのEテレにて不定期で放送されている人形劇『Q〜こどものための哲学〜』では“Qくん”という少年の、今年4月スタートの少女向け特撮ドラマ『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』(テレビ東京)ではCGキャラ“くまちぃ”の声をそれぞれあてている。来月19日には、やはり声優として出演した新海誠監督のアニメ映画『天気の子』の公開が予定される。


 いまや仕事に趣味に個性を発揮して人気を集める本田だが、『non-no』の専属モデルに起用されたころは、まわりがスターモデルばかりで、そのなかで頑張っていくにはどうしたらいいか、自分の個性は何だろうかと悩み続けたという(※1)。現在の彼女のキャラクターも1日にして完成したのではなく、そんなふうに悩みながらも、自分のなかから徐々に引き出していったものなのではないか。そういえば、本田のブレイクのきっかけの一つとなった先述の缶コーヒーのCMでは、彼女がオーディションを前に、「ブレんじゃねえぞ!」と自分に言い聞かせていた。役の幅や活動の範囲を広げながらも本田がブレないのは、努力の末に見出した個性のおかげなのだろう。



※1 『non-no』2018年7月号

※2 「ウォーカープラス」2019年1月9日

※3 『ESSE』2019年6月号



(近藤 正高)

文春オンライン

「本田翼」をもっと詳しく

「本田翼」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ