玉山鉄二主演、政治サスペンス『トップリーグ』連ドラ化

6月27日(木)14時56分 オリコン

相場英雄氏の政治サスペンスを⽟⼭鉄⼆主演で連続ドラマ化。WOWOW『連続ドラマW トップリーグ』10⽉放送決定

写真を拡大

 俳優の玉山鉄二が、WOWOW『連続ドラマW トップリーグ』(10月スタート、全6話※第1話無料放送)で主演を務めることが発表された。食肉偽装問題など食の安全を問う『震える牛』、巨大企業の不適切会計問題を描いた『不発弾』など、社会のタブーに切り込みその闇をえぐりだす小説で注目を集める相場英雄氏の政治サスペンス『トップリーグ』『トップリーグ2 アフターアワーズ』(ハルキ文庫)を連続ドラマ化する。

 タイトルの「トップリーグ」とは、総理大臣や官房長官、与党幹部に食い込んだごく一部の記者を指す。玉山鉄二が演じる主人公の大和新聞記者・松岡直樹は、入社15年目にして政治部へ異動になり官房長官番となる。破竹の勢いで永田町の中枢に上り詰め、またたく間にトップリーグへ。一方、松岡と同期入社だった酒井祐治は、現在大手出版社で週刊誌のエース記者として活躍している。そんな酒井が「都内の埋立地で発見された旧紙幣1億5千万円」の真相を追ううちに、日本史上最大の疑獄事件が浮かび上がる。「命の保証はないぞ」政界の深い闇に切り込んだ二人の男の運命は…。

 首相官邸を舞台に、現在日本が抱える問題を浮き彫りにしながら、昭和史に残る一大疑獄事件の謎に迫り、官邸最大のタブーに鋭くメスを⼊れていく。真相をあぶり出す中で明らかになる衝撃の事実とは。ブラックボックス化された官邸内では何が起きているのか。真実はどのように報道されているのか。権力とメディアの裏側とは。

 玉山は「間違いなく問題作? 話題作! 政治の闇、記者の闇、収賄、贈賄、汚職、忖度(そんたく)、不審死、さまざまな事件が私達を翻ろうし、頭の⽚隅に違和感を残す作品になると思います。デリケートな作品なだけに丁寧に、真摯(しんし)に演じたいと思います」「今後のドラマコンテンツのあり方を大きく左右する、そんな作品になると思います。私自身もそんな作品に携われることを誇りに思い、身が引き締まる思いです」とコメントを寄せている。

オリコン

「トップリーグ」をもっと詳しく

「トップリーグ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ