薬丸裕英、ブログに意味深投稿 「今は祈る事しか出来ない」「回復する事を願って」

6月29日(土)19時8分 Techinsight

薬丸裕英、祈りを捧げるのはあの人のためか

写真を拡大

タレント・薬丸裕英のブログは、ゲストを招いてのホームパーティーや留学中の次女を訪ねるため頻繁に通うハワイでの著名人との交流など人脈の広さを活かした華やかな記事が多い。しかし6月21日以降は“誰かのために祈りを捧げる”ような内容になっており、その詳細については触れていないのだ。

TBSドラマ『2年B組仙八先生』に出演した薬丸裕英、本木雅弘布川敏和により結成されたジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「シブがき隊」がシングル 『NAI・NAI 16(シックスティーン)』でデビューしたのは、1982年5月のことだ。その後はNHK紅白歌合戦に5回連続出場するなど人気を博したが、1988年に“解隊”を宣言し事実上の解散をした。以降はそれぞれがタレントや俳優として活動していたが、薬丸は1996年10月期からTBSの生活情報番組『はなまるマーケット』の総合司会に抜擢された。同番組は17年半続く長寿番組となり、彼は幅広い年代の主婦層から支持を受ける存在となる。

現在は小倉智昭、室井佑月らが所属するオールラウンドに籍を置く薬丸だが、ジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川氏に対する恩義は事あるごとに口にしてきた。6月18日の午後、一部メディアで報じられたジャニー社長が都内の病院に緊急搬送された件について薬丸は公の場で触れていないが、『薬丸裕英オフィシャルブログ「Rainbow Family」』では意味深な内容が続いている。

21日には「つらい時は空を見上げよう」と題し「ここ数日 極度の睡眠不足」、「寝ても覚めても、想い出が走馬灯のように駆け巡る」と雲の切れ間から光が差す写真を掲載。24、26日は美しい紫陽花の写真と「観音様に参詣」「今は祈る事しか出来ないので…」と記している。そして28日には、「逗子の空」と真っ青な空と海の風景に「回復する事を願って空を見上げる」と言葉を添えていた。日々ありとあらゆるものに祈りを捧げている薬丸の想いが、叶うことを願わずにはいられない。

Techinsight

「薬丸裕英」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「薬丸裕英」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ