「テレビ向き」ケンブリッジ飛鳥 「100M」の主役、桐生から奪取か

6月30日(木)11時49分 J-CASTニュース

リオ五輪ではどんなレースが見られるのだろうか

写真を拡大

日本選手権男子100メートルを制したのはケンブリッジ飛鳥だった。敗れた桐生祥秀は泣いた。リオ五輪を前にしての逆転ドラマ。「主役交代」か。

日本陸連のほおが緩みっぱなしである。


「10秒を切る可能性のある選手が3人もそろうのは日本陸上界で初めてのことだ」


桐生の涙の意味




陸上の男子100メートルといえば、もっとも速い選手を指す。現在、国内ナンバーワンを競っているのが桐生、ケンブリッジ、山縣亮太。彼らがリオ五輪代表を決める日本選手権で対決(2016年6月25日、名古屋)した。


(1)ケンブリッジ 10秒16


(2)山縣 10秒17


(3)桐生 10秒31


ケンブリッジは山縣をゴール寸前でとらえ、まさに紙一重の差で勝った。この結果、すでに内定している桐生とともに代表切符を手にした。



メディアも大きく取り上げ、リオ五輪の目玉になることは確実。陸連幹部が大喜びしている図なのだが、それとは裏腹に選手たちは悲喜こもごもで、戦いの厳しさが改めてクローズアップされている。


「今回は絶対に勝つと決めていた。その通りになった。うれしい」

ケンブリッジのこの弾んだ声と対照的だったのが桐生だった。インタビューで涙を流したのである。


「あまりにも情けない...」


桐生はレース内容を覚えていないらしかった。


「...分からない」

それが問いに対する答えだった。まさか自分の前で1位を競ったケンブリッジと山縣の姿を見るとは思いもしなかったのだろう。トップを競る場には必ず自分がいるはずだ、と。今までにない光景を見たことで混乱していたのかもしれない。



先に9秒台に突入するのは、どちらだ



スタート直後に右足がケイレンを起こしたという。雨中のレースだったことが影響しているのかも知れないが、大一番のときにそれを敗因にしては第一人者の名が廃る。それが「情けない」の言葉になったのかもしれない。


当然の声が上がった。


「桐生からケンブリッジへ。主役交代だ」

ケンブリッジの体はたくましい。外国で練習したとき「小さい」と指摘されたことで体力作りに励んだ。鍛え上げた上半身が速度を増すことにつながるという。


桐生は高校時代に10秒01を記録し、9秒台の期待がかかった。しかし、まだ夢はそのままだ。


「ケンブリッジの方が先に9秒台に突入するのではないか」

陸上記者はそう見ている。つまり、伸びしろは桐生よりケンブリッジの方がある、という見立てである。


テレビもケンブリッジをメーンとして追いかけるだろう。なにしろ見栄えがいい。走る姿は迫力があるし、マスクも端正。いわゆる「テレビ向き」なのだ。桐生のリベンジが見ものになる。


(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

J-CASTニュース

「ケンブリッジ飛鳥」をもっと詳しく

「ケンブリッジ飛鳥」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ