『サイコだけど大丈夫』第4話あらすじ&ネタバレ/キム・スヒョン&ソ・イェジ、雨の中の抱擁・・・♥

6月29日(月)17時55分 K-board

キム・スヒョン主演ドラマ『サイコだけど大丈夫』第4話のあらすじを紹介します。ギド(クァク・ドンヨン)の楽しそうな姿を見て、ムニョン(ソ・イェジ)へと気持ちが揺れるガンテ(キム・スヒョン)。切なさが胸に刺さる、癒し系ラブストーリーです。※この記事は本編のネタバレが含まれています。

第1話〜3話あらすじ&ネタバレ記事

主な登場人物

*ムン・ガンテ/演:キム・スヒョン・・・精神科病院の介護士として働く青年。
*コ・ムニョン/演:ソ・イェジ・・・反社会性パーソナリティ障害を持つ、人気童話作家。
*ムン・サンテ/演:オ・ジョンセ・・・自閉スペクトラム症(ASD)を患っているガンテの兄。
*ナム・ジュリ/演:パク・ギュヨン・・・OK精神病院の看護師。
*イ・サンイン/演:キム・ジュホン・・・児童文学専門出版社<サンサンイサン>の代表。
*チョ・ジェス/演:カン・ギドゥン・・・ガンテの友達。
*オ・ジワン/演:キム・チャンワン・・・精神科病院の院長。
*カン・スンドク/演:キム・ミギョン・・・病院の調理長、ジュリの母親。
*パク・ヘンジャ/演:チャン・ヨンナム・・・精神科病院の看護部長。
*ユ・スンジェ/演:パク・ジンジュ・・・出版社のアートディレクター兼雑用係。
*ソンビョル/演:チャン・ギュリ(fromis_9)・・・精神科病院の看護師。ジュリの同僚。
ギド/演:クァク・ドンヨン(3話・4話特別出演)・・・クォン・マンス議員の次男。OK精神病院で治療を受けている躁病患者。

第4章:ゾンビの子

ドラマのあらすじ解説

以下、本編のネタバレ含みます。


クォン・マンスの選挙演説会場で大暴れする息子のギドの楽しそうな姿を見て、ガンテは「僕も君と遊ぼうかな」とムニョンに言います。
しかし、ムニョンに何をして遊ぶか誘われると、独り言だといって拒みました。

クォン・マンスの長男から責任を問うから覚悟しおけと言われます。
ムニョンは相手をからかい殴られそうになりますが、ガンテが押さえ込んで追い払います。
右腕だけで簡単に相手をねじ伏せるほど強いガンテ!

ギドと母親の愛情

ギドが選挙スタッフに取り押さえられ、病院に戻る事になりました。
ギドは、ガンテに「望みが叶った、ものすごく楽しかった」と笑います。
会場にかけつけたジュリは、マンスの家族に、ギドに付き添うように頼みますが、家族たちは嫌がります。
母親がギドの所に行って、平手打ちをして恥さらしだと責め立てました。
ギドは、叩かれると母親に愛されていると分かると言います。

ガンテと母親

母親に叩かれたギドを見て、ガンテは少年時代の事を思い出します。
サンテは1人で帰宅して怪我を負い、その事で母親がガンテを責め立てました。
母親はガンテを道場に通わせ、常にサンテの傍にいて守るように育てていたのです。
ガンテは母親から死ぬまでサンテの傍にいて守ってほしい、その為に産んだのだと言われます。
そう言われて、ガンテは母親からの愛情を諦めました。

ムニョンの車に乗るガンテ

ガンテはムニョンを一人に出来ないと、ジュリに先に戻るよう言いました。
ムニョンは、ガンテがギドのように思いっきり遊びたい、羨ましいかったでしょうと言って、遊びに誘いますが、ガンテはなびきません。
逃げたいという顔をしたら、さらってあげると言うムニョン。

ムニョンが好きな花

桜並木を走る車。
舞い散る桜よりも首から散るモクレンが好きだと話すムニョンに、ガンテは彼女の価値観に飽きれながらも、君に似合っていると言います。
ガンテは、花も引っ越しの季節の春も嫌いだと言いました。

「ゾンビの子」の絵本は販売停止申請が承認されました。
返品を回収しなければならなくなり頭を抱えたサンインは、ムニョンを連れ戻す為にソンジン市に向かいます。

ムニョンが「欲しい」という意味

病院に戻る途中、コンビニで昼食をとるガンテとムニョン。
ムニョンは、キムチも付かないカップラーメンを出されて、貧乏は我慢できるかどケチは嫌いだと不機嫌になります。
一方、ガンテにインサンから電話がかかってきました。
ムニョンが「キレイだ、欲しい」と言うのは、相手を取って食べてやるという意味だから気を付けるようにと忠告します。
ムニョンは、ガンテの背中を見て「肩幅が広い」と、また取って捕まえるような仕草をしました。

どちらが子供か?

インサンから絵本の販売停止を聞いたガンテは、兄のせいなのか聞きますが、ムニョンは無関係だと答えます。
挿絵と内容が残酷だからだと、本に込めたメッセージはバカには伝わらないと文句を言いました。
ガンテはムニョンを子供だと言いますが、ムニョンはあなたの方が子供で、可愛がってほしいと思ってると、頭を撫でました。
ムニョンの目の前に座るガンテが子供の姿になります。

騒ぎの後始末

ギドの騒動はニュースとなり、クォン議員には児童虐待や人権侵害と非難の声があがり、市民団体からは辞職要求が出ました。
ヘンジャは、クォン議員がバッチを剥奪されたら、病院に殴り込みに来るのではと心配します。
職員は、ギドを拉致したムニョンをクビにするようオ院長に言います。
オ院長はジュリがムニョンの友達だと思い、意見を聞きます。
するとジュリもクビにすべきだと答えました。
オ院長は、ムニョンの処分を保留にして、まずは患者の様子を見る事にしました。

人は物なのか?

ガンテは、ムニョンが父親を散歩させる約束を守らない理由を聞きます。
ムニョンは、父親は生きていても魂が死んでいるから散歩するのは無駄だと答えました。
そして、「死んだ方がらくなのに」と言い、ガンテの親の死因を訊ねます。
ガンテは、「人は物なのか?」と聞くと、ムニョンは、子供は賞味期限の過ぎた親を捨てるし、親は優秀な子供だけ残してあとは捨てると持論を述べました。
ムニョンの答えに腹を立てたガンテは車を無理矢理停めて、降りてしまいます。

怒ったガンテにムニョンは・・・

怒って去って行こうとするガンテに、ムニョンはなぜ急に起こるのか聞きます。
ガンテは、ムニョンに他人と違う事を忘れて、期待していたのです。
「もう期待しない」と言うガンテに、ムニョンは突然「愛してる!」と何度も叫び続けました。
それでも無視して、ガンテは去っていきました。
ムニョンは、ガンテ欲しさにムキになり、いい雰囲気だったのに突然怒り出したガンテの気持ちが分からなくなりました。

ムニョンはソウルに戻らない

ムニョンが“呪いの城”に戻ると、サンインが待っていました。
サンインはソウルに戻ってホテルで次回作を書こうと説得しようとします。
ムニョンは、失踪説を流したばかりで、ここで遊びたいと言って、ソウルに戻る気はありません。

母と娘の関係

夜中、寝室の鏡台で髪をとかしていると、母親の幻想が現れます。
母親は、少女のムニョンに「あなたは私の最高傑作、あたなは私なの」と言いました。
少女ムニョンはある部屋の扉の前で鍵を手にしていました。部屋の中には、母親が血だらけで倒れていました。
ムニョンの母親は娘に対して強い執着を持っていたようです。
3話では湖の底にいた母親の幻想が、4話では部屋で血だらけで倒れています。
いずれも、母親の死にムニョンが関わっているのでしょう。

ジェスのピザ屋

ジェスのピザ屋で食事をするサンイン。
似顔絵のサービスに釣られてピザを頼んだようです。
そこへジュリがやって来ると、サンインはジュリに一目惚れします。
サンインはジュリを誘いますが、あっさり断られました。
ジュリとサンインは別々の席で独り言を呟きますが、どちらもムニョンの事で悩んでいるので、不思議と会話がかみ合っていました。

ムニョンの告白にガンテは・・・

ガンテはサンテを職業学校に迎えに行き、画材屋で買い物をしました。
ガンテは、「愛してる」と叫ぶムニョンを思い出して、彼女の事が気になります。
しかし、サンテが恐竜のフィギュアを「きれいだ、ほしい」と釘付けになっているのを見て、やはり物と同じようなの扱いだと思い留まりました。

クォン議員の来訪

翌朝、OK精神病院にクォン・マンスがやって来ました。
院長室に押しかけて、ギドを演説会場につれてきたムニョンとガンテを呼ぶように言います。
ジュリがムニョンに連絡しようとすると、ガンテが「絶対連絡しないで」と止めました。
ムニョンを庇うようなガンテの態度に、ジュリは苛立ちます。

ギドはどうなるのか?

ガンテは、院長室でクォン議員にムニョンを呼ぶ必要がないと言いました。
オ院長は、ギドの症状がとても良くなっているので、もうすぐ退院できると言います。
すると、クォン議員は、退院しても精神病院は数カ所あるから、次の病院で監禁するつもりです。
そんなクォン議員を院長は非難しますが、「役に立たない子は必要ない」と酷い言いようです。

役に立たない子

“役に立たない子”、その言葉で、ガンテは「子供は親の役に立たないとダメですか?」と訊ねます。
クォン議員はガンテに対して、「子供は親が必要な時に産むんだ。全く役に立たないか必要な子か親に聞いてみろ」と言いました。
すると、ガンテは「それなら産むな」と怒り、クォン議員はガンテを殴りました。

笑う事ができないガンテ

ガンテは、トイレで「笑うと幸せが訪れる」というプレートを目に入りますが、笑う事も出来ず、憤りを感じます。
その後に、サンテが病院の庭で「スマイル、笑って」と言いながらアヒルを撮影しているのも、切ない流れです。

オ院長のやり方

オ院長は、へジャンにクォン議員の対応について迫られると、クォン議員がガンテを殴っている防犯カメラの映像を見せます。
オ院長は、ギドは今回の件で快方に向かっていて、その後は介護士を殴ったヤツを懲らしめないと、とへジャンに言いました。
防犯カメラの映像でクォン議員に脅しをかけて、寄付金をもらう算段のようです。

ムニョンに出会うサンテ

病院のロビーで、壁に描く絵を考えているサンテ。
そこへムニョンが現れて、サンテの様子を見ながら「いい人にしか見えない絵なの?」と言います。
サンテは絵の説明をしようとムニョンを見て、憧れの作家が隣にいる事に驚きます。
ジュリがサンテを見つけると、ムニョンと一緒に自撮りしていました。
ジュリが声をかけると、ムニョンは父親の散歩に連れて行くと言います。

ガンテが怒る理由

ガンテが勤務を終えてサンテに電話をすると、サンテは庭でムニョンの似顔絵を描いていました。
サンテは似顔絵に1万ウォンほしいと言い、ピザのサービスの話をします。
何のことか分からないムニョンは、会話がかみ合わなくても、サンテを気に入り「かわいいわ」といって髪に触ろうとしました。
そこへガンテがやって来て「髪に触るな」とムニョンを止めます。
ムニョンは約束を守らなかったから怒ったのだと思い、父親の散歩の約束に来たようです。

ガンテがサンテにロビーに行こうと言いますが、ムニョンといたいサンテは言う事を聞きません。
すると、ガンテはサンテに「言う事を聞け!」と怒鳴ってしまいました。

ムニョンの感情は何なのか?

ムニョンは、腫れたガンテの頬に気づき、誰に殴られたのか?仕返しをすると怒ります。
ガンテはムニョンを連れ出し、悔しいのか、悲しいのか?何で怒ってるんだと訊ねました。
そして、ムニョンに、「中身は空でうるさく響く、空き缶みたいだ」と言います。
ガンテは「君には僕の事が一生分からない」といって去って行きました。
ムニョンとガンテの気持ちはすれ違ってしまいます。

ムニョンは怪物か?

庭にいるムニョンのところにジュリが父親を連れてきます。
ムニョンは、父親の耳元で「本当に私がどんな娘か忘れたの?」と囁きました。
ムニョンの顔を見た父親は「なぜ今でもお前が生きているんだ」と言って、彼女を「怪物」だと叫んで襲いかかり、首を締めました。
看護師や介護士たちが駆け付けて、止めに入ります。ムニョンは倒れたまま笑い出しました。

彷徨うムニョン

バスで帰るガンテ、窓の外から、海岸沿いを歩くムニョンの姿が見えました。
ガンテは家に着き、サンテの恐竜のヌイグルミを洗いながら、ムニョンに言った言葉を思い出し、ため息をつきます。

ムニョンは歩き疲れて、靴を脱いで座り込みました。
ガンテの言葉を思い出しながら、「あなたも一生私が分からないわ」と呟きます。
蝶の羽をむしるムニョンですが、蟻を潰したりはしていません。サンテ同様に、蝶にトラウマがあるのではないでしょうか。

ガンテは、サンテのカバンの中にあった「ゾンビの子」の絵本を読みます。

ある小さな村に男の子が生まれました。
肌は青白く、目はとても大きかった。
男の子が成長するにつれ、母親は気づいた。
男の子は感情がなく、食欲だけがあるゾンビだと。
母親は人目を避ける為に男の子を地下に閉じ込め、よその家から家畜を盗んでは男の子に食べさせた。
ある時は鶏を、ある時は豚を。
数年たったある日、疫病がはやり村の家畜が全滅した。
大勢の人が死に、生き残った人々は皆村を後にした。
子供の為に残った母親は空腹で泣く子供に自らの足を切ってあたえ、腕を切って与えた。
そして胴体だけ残った時、母親は子供の元へ向かい残った身体を子供に委ねた。
胴体だけになった母親を子供が両手で抱きしめ、初めて言葉を発した「お母さんってすごく温かいね」。
子供が望んだのは、食べ物なのか、母の温もりなのか。

出典元:「サイコだけど大丈夫」第4話本編

ガンテが子供の頃、家族3人で寝ている時、母親はサンテを抱きしめ、その後ろでガンテは母親の背中にしがみ付いて眠りにつきました。
子供の頃に求めていた母親の温もり。それを思い出しながら、ガンテは絵本を読んで涙を流しました。

雨の中・・・

ガンテの様子を見に来たジェスから、病院でムヒョンが父親に首を締められたと聞きます。
すると、ガンテはジェスのバイクを借りて、大雨の中ムニョンを探しに行きました。
ムニョンを見つけたガンテは、ずぶ濡れの彼女に自分のジャケットを着せます。
するとムニョンは、ガンテにもたれかかって抱きしめました。

3話から、ムニョンの実家である“呪いの城”に、彼女のトラウマが表現され、少し怖いシーンも出てきました。
コミカルな登場人物、ダークな童話とトラウマ、そしてガンテとムニョンの恋愛が絡むこのドラマの醍醐味だと思います。
ガンテがどういう子供時代を送っていたか描かれ、それが「ゾンビの子」とシンクロしていくのはとっても切なくて、泣けます。
ムニョンの冷酷な性格は、母親とのトラウマに影響しているようです。
第5話の展開も楽しみです。

『サイコだけど大丈夫』日本語字幕版:NETFLIXにて毎週最新話を配信!

K-board

「ネタバレ」をもっと詳しく

「ネタバレ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ