衝撃の離婚会見から一年。つちやかおりの顔が変わった!?

6月30日(火)18時5分 messy

つちやかおりオフィシャルブログより

写真を拡大

 結婚は忍耐。ちまたで溢れかえる言葉ではあるが、この言葉ほど結婚生活というものを実に的確に表現しているものはないように思える。

 夫と妻。互いに愛情がたっぷりとあり一緒にいて楽しい時期ならば両者とも自然と顔がほころび、その思いが積み重なって日々の顔つきにもでるもの。逆にお互い愛情が冷め、生活を続けることがひたすら忍耐としか思えなくなったとしたら……やっぱりそれも顔にでるのだろう。

 そんなことを、先週6月23日発売の「女性自身」(光文社)二週合併号に掲載された、つちやかおり(50)の近影を見て考えてしまった。モノクロ記事の中でにっこりと微笑むつちやの顔は、とても50歳とは思えないほど若返っていて、どこかあどけなさが残るようと言ってもいいぐらいのピュアな表情を見せている。一年前に元夫でタレントの布川敏和(49)との離婚を発表した際の顔つきとは、かなり変わったように見えるのだ。

 まだはっきりと思い出せる方も多いことだろう、あの突然の<妻主導>の離婚会見を。あれはなかなか衝撃的だった。布川への怒りなのか諦めなのか、やや不遜とも思える態度と表情で、マイクの前で布川に三行半をつきつけた、つちや。十年も前から離婚を考え続けていたというその顔には「好きじゃない人と生活を続ける苦悩」みたいなものが滲み出ているように見えたものだ。

 その会見後すぐに、つちやと割烹料理店店主・Aさんとの不倫交際も発覚。つちやは「大切な人です」とAさんとの交際を認めるような発言をしたのだが……深夜に親密そうな様子で手を繋いで歩くツーショット写真が掲載されていたにも関わらず、当のAさんはつちやとの交際について周囲に「付き合っていない」と漏らし、報道が出たことで困惑しきっていたそうだ。

 離婚会見→不倫報道→不倫否定と一躍時の人となったつちやに対して、ネット上では「勝手に付き合ってると思いこんで、離婚に突っ走るだなんて痛すぎる」「勘違いおばさん」などの罵倒が飛び交い、それはもう荒れたものだ。さらに、バツイチであるAさんが、元妻と<子供のために>再び同居をスタートさせるという話が持ち上がっているとの説まで登場し、つちやの空回りだったのかと思われた、が……。



 しかし、周囲の喧騒をよそに、Aさんとつちやの関係は継続しているらしい。「女性自身」でつちやはAさんの人柄を「優しい人なんです」と話している。布川との離婚会見に臨むにあたっても「自分の気持ちを全部伝えてきなさい」と後押ししてくれたのだという。その会見から二カ月後に迎えたつちやの誕生日に、Aさんがオルゴールを贈ってくれたことも明かしている。Aさんは割烹店から独立し、自身の店を立ち上げるべく、現在は物件探しなどに奔走しているそうだが、食品衛生責任者の資格を持つつちやは、将来的には彼の故郷で一緒にお店をやっていくのもいいねと二人で話し合っているのだと、誌面で語っている。また、Aさんとの再婚にはこだわっておらず、気持ちがつながっていればいいのだとも。布川と無事に離婚し、新しい伴侶がいるからこその、晴れ晴れとした笑顔なのだろうか。

 一方、布川は6月8日に放送された『私のなにがイケないの!?』(TBS系)で“離婚うつ”を告白。部屋にひきこもり状態となり、家の中を片付けることができずにゴミ屋敷状態にしてしまったことや、ノイローゼになりかけた、と話していたのだが……。この件に関しては「相変わらずハワイで遊んでいる」「中目黒でハワイアンダイニングでしょっちゅう合コンしている」などの関係者の証言もあり(どんだけハワイが好きなんだという感じだが)、テレビ用のネタなのでは、との指摘もある。また、それまで家庭内の生活環境を清潔に保ってくれていた人がいなくなり、布川が掃除や整頓をしないならば、部屋が汚れてゴミ屋敷状態になるのも道理だ。

 「生き方は顔に出る」という。離婚から1年。人生の折り返し地点も過ぎた元夫婦2人の顔に今後どのような変化が現れるのか——。思い出した時にでもまたじっくりと観察してみたいと思うのは野次馬根性が過ぎるだろうか。
(エリザベス松本)

messy

「衝撃」をもっと詳しく

「衝撃」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ