ザ・フーパーズ 陽稀&未来、『COLORS2018』出演の抱負は「“イケメン女子”という新たな文化を広めたい」!

6月30日(土)20時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



7人組ボーイッシュガールズグループとして活動するザ・フーパーズの、2年振り2度目となる『COLORS』出演が決定! メンバーの陽稀は学生時代に主催のESP学園に在籍&4カ月の活動休止から復帰したばかりということで、その意気込みも大きい。彼女らのコンセプトである“イケメン女子”について、ヴォーカルリーダーの未来とともに語ってくれた。

——『COLORS2018』の出演が決定して共演陣を知らされた時、率直にどう思われました?

未来:
率直に言うと“SILENT SIRENさんが出る、やった!”って(笑)。新木場COASTのステージに立てる機会もなかなかないので、もちろん嬉しかったです。

陽稀:
私はESP出身なので学生時代に授業の一環として『COLORS』は観に行っていたんですけど、すごく特別感があったんですよ。大きなイベントですごく楽しかったし、しかも、その時にもSILENT SIRENさんが出演していたので“あの時観た人と一緒に出られる!”ってなりました(笑)。あとSHAZNAさんは親の世代から聴いて知っていますし、新メンバーのドラムの夏芽さんがESP出身ということで、ライヴを拝見するのがすごく楽しみです。

——今回の出演者は全バンド初めての顔合わせですよね。ちなみにザ・フーパーズは7人組ですが、おふたりはグループの中で何担当なんでしょう?

未来:
私はヴォーカルリーダーを務めてます。ザ・フーパーズは全員歌うんですけど、最初に私がレコーディングをして、全員分の仮歌を入れるんですよ。

陽稀:
それを聴いて他のメンバーは曲を覚えるし、ライヴでも未来は歌割りが多い中で踊ってるからすごいなと。私は“煽リーダー”として、ライヴになると率先して声出してます。例えば“盛り上がっていけんのか!”とか(笑)。もともとヴィジュアル系が好きなんで、自分の中に“ライヴ=煽り”っていうのがあったんですよ。最初はやってなかったんですけど、海外でライヴをした時に“日本語が通じない中でどう盛り上げるか?”ってところから始まったんですよね。

未来:
体調不良で陽稀が休養してた時はライヴが大人しくなっちゃったような感じがあって、やっぱり煽リーダーの存在は大きかったんだなぁと改めて思いました。あとはファッションリーダーでもあって、トークイベントや撮影の衣装を考えてくれたりするんですよ。メンバーだからこそ仲間の個性をより分かってくれていて、それぞれに合ったものを毎回ちゃんと持ってきてくれるんです。

——では、そんなおふたりから、今回共演するアーティスト陣に何か聞いてみたいことや話したいことってあります?

未来:
素人くさいかもしれないんですけど、“どうやって歌詞を覚えますか?”とか。私、ヴォーカルリーダーのくせに歌詞を覚えるのがめっちゃ苦手なんですよ! ソロライヴもやってて人前で歌う機会は多いのに間違えやすいんです(笑)。あとは間違えちゃった時の対処法とか、ほんといろんな人に聞いて回りたい!

陽稀:
何年やってんだよ(笑)。自分はSHAZNAさんに、性別を超えて中性的であることの意識をうかがいたいですね。それこそヴォーカルのIZAMさんとか、女性のように美しい男性アーティストの元祖じゃないですか。逆に私たちは“イケメン女子”をコンセプトにしたグループなので、女性っぽくあるためにどんなことを意識しているのか? 例えば美容とか仕草にはどのように気を遣っているのか、気になりますね。

——今お話に出た“イケメン女子”を具体的に言うと?

未来:
私たちって男性には出せない、女の子がイケメンになるからこそ生まれる綺麗な部分を自分たちの強みとして打ち出しているんです。だから“男装”ではなく、あくまでもイケメン“女子”なんですよ。

——宝塚の男役みたいに、“女性だからこそ分かる理想の男性像”を演じてるわけではないってことですね。

陽稀:
そのへんは線引きがすごく難しいんですけど、“イケメン女子”という新しい文化を作り出していきたいんですよね。今までになかった概念だから、まだ理解してもらえてないところがたくさんあるかもしれないんですけど。

未来:
特徴をひとつ挙げるなら、“とにかく自由”なんです! 今まで女の子らしいことも男らしいことも特にしてこなかった私でも、自由だから素のままやれてる。確かに“スカートは穿かない”みたいなルールはあるんですけど、それも全然苦じゃないし。卒業したメンバーとか、今もスカートはいてないんじゃないかな?(笑)

陽稀:
もはや似合わないんですよ! ほんと自由なんで、女なんだからお行儀良くしなさいってことも、逆にめっちゃ男らしくしろってこともない。

未来:
そうそう。脚を閉じたりもしないし、わざと広げたりもしない。中性すぎて性別がないんです。ちなみに、ザ・フーパーズには“女の子が綺麗になる魔法をかけてあげる”っていうフレーズがあるんですよ。女の子ってドキドキすると女性ホルモンが出て綺麗になるから、そのお手伝いをしようと。

——例えばインストアイベントとかで、口説き文句が聞けたり?

未来:
それもありますし、私の場合、人として成長してもらえるように叱ったりもします。だから私のことが推しメンじゃない子も、悩みがあると絶対来てくれる。

陽稀:
未来はフーパーズの母なんで!(笑) 自分は友達みたいにワイワイするのが好きなんで、“今日は遊びに来たの?”“一緒にゲームしようぜ!”くらいのノリですね。

——ちなみにプロフィールの特技欄に“50音イケメン台詞”というのがありますが…

陽稀:
50音何を言われても、イケメンが言いそうなセリフで返すっていうネタです。例えば“さ”だったら“最後の恋、俺にしろよ”とか。

——じゃあ“ぬ”。

陽稀:
えっと…“抜け出せなくなっても、知らないよ?”。

未来:
すごい!! “ぬ”で始まる言葉とか、“濡れタオル”くらいしか思い付かない!(笑)

陽稀:
(笑)。これは50音全部決めてあるわけじゃなくて、その場で思い付いたものを言ってるんですよね。

——なんだか、マンガのキャラクターみたいですね。

未来:
でも、そんなふうに見てほしいですね。

陽稀:
シャワー浴びるのが趣味みたいな(笑)。

未来:
とりあえず薔薇風呂に入る!

——では、休日の過ごし方も薔薇風呂?

未来:
嘘です(笑)。私は1日中、人狼ゲームをやってます。脳トレみたいな感じのオンラインアプリで、いつでもできるから空き時間があると楽屋でもやってますね。ライヴ前でもやってる!

陽稀:
いや、未来はライヴ前、いつもお腹痛くなってるよ。よくうずくまってる。

未来:
確かに(笑)。私、緊張しやすいんですよ。円陣組んで気合入れしてメンバーに背中をバシッと叩いてもらえば、スイッチが入って“未来さま”になるんですけど(笑)。

——ライヴ前のお約束事とか儀式的なものも特になく?

陽稀:
千知が喋りまくって、Leeが誰よりも早く準備を始めるのに誰よりも最後までバタバタしてて…あとは、みんな歯を磨くくらい?

未来:
絶対磨くよね。なんか気持ちがスッキリするというか、しないと心配になっちゃう。

——なるほど。では話を戻して、陽稀さんは休日何を?

陽稀:
マーベル映画を観まくってます。やっぱりヒーローってカッコ良いじゃないですか? しかも、みんな欠点を乗り越えてヒーローになってるのが人間味あって魅力的なんです。この前公開された『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』も3回観に行きました。(敵役の)サノスが強かったです!

未来:
活き活きしてる! 少年のようだ!

——その熱い情熱はザ・フーパーズの活動に対しても同様だと思うのですが、6月27日にリリースされる新曲「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」は海賊がモチーフだそうですね。

未来:
はい。宝物を見つけていこうっていう。今までザ・フーパーズの曲ってターゲットを女の子に絞っていたんですけど、この曲は男も女も大人も子供関係なく、みんなが共感できて、みんなの背中を押してあげられる応援ソングになっているんです。

——となると、老若男女が楽しめる長崎・ハウステンボスのテレビCMソングになっているのはピッタリですね。

未来:
もう、すごく嬉しいです。ハウステンボスのCMって結構東京でもやってるみたいだし…私はまだ観られていないんですけど。

陽稀:
私も(笑)。リーダーだった麻琴が2月にグループを卒業して、同じタイミングで自分も活動休止することになって。だから今回の制作に自分は参加してないんですけど、そこでi☆Risの(澁谷)梓希さんが参加してくれたんですよ。おまけに“どんどん前に進んでいこう!”っていうメッセージが書かれていて、そんなシングルの発売イベントから復帰できるのが、ほんとに嬉しい! この4カ月、みんなの前に立って歌うことも踊ることもなくて、ほんとにうずうずしていたんですよ。

——そうやって前に進んでいく先にある目標は、やっぱりイケメン女子を世に広めること?

未来:
そうですね。最終的な目標としては。

陽稀:
こういう中性的なものって日本独特の文化だと思うから、できれば世界に向けて発信していきたいですね。今までも台湾やイギリスのイベントだったり、去年はフランスの『Japan Expo』にも出演できたので、もっといろんな場所に行って“日本にはこんなグループがいるんだ”ってことを広めたい!

——ぜひ『COLORS2018』も、その道のりのひとつにしていただきたいですね。陽稀さんは母校でのライヴ、どんなふうに挑みます?

陽稀:
自分たちの学年に比べて、今の学生はどういう子が多いのかを見たいですね。ESPの学生はみんなノリがいいので、煽リーダーとしてブチ上げていきたいです!

未来:
あと、ザ・フーパーズのファンって98パーセントくらいが女子だから、男子がいるライヴもレアなんですよ。なので自分の出せるカッコ良い女性の色気を出し切って、会場の男子を全てモノにしたい! と言っても異性として見られたいわけではなく、私たちに憧れてほしいんですよ。女子だからこそ女の子の喜ぶことを知っているのが私たちの強みだから、それを学びに来てほしい。良かったら恋愛相談もしてほしいくらいなので(笑)、この貴重な機会を大切にしたいですね。

取材:清水素子

『ESP学園presents COLORS2018』

7月07日(土) 東京・新木場STUDIO COAST
開場 15:00 / 開演 16:00(Truck Stage 15:30) / 終演 20:00予定
<出演>
【Main Stage】SILENT SIREN、さくらしめじ、ザ・フーパーズ、SHE’S、SHAZNA ※50音順
O.A:BLOSSOM(ブロッサム)ESP学園ヴォーカル&パフォーマンスユニット
【Truck Stage】
konoko、SAICO GIRL、plum、Hedgehog Maries、Luck Stokes ※50音順

<チケット>
500円(完全招待制・入場時支払い)
※入場料の全てを東日本大震災&熊本地震の復興支援金として寄付します。

■チケット最終申し込み受付
6月29日(金)17:00〜7月02日(月)12:00
https://www.esp.ac.jp/colors2018_entry/
※応募フォーム内注意事項をご確認の上、ご応募ください。
※応募多数の場合、抽選となります。
※当選者の発表は7月03日(火)発送予定の招待状ハガキをもって代えさせていただきます。

■『COLORS2018』オフィシャルサイト
https://esp-colors.com

OKMusic

「2018」をもっと詳しく

「2018」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ