十束おとは『ファイナルファイト』初プレイで興奮「かわいい!」「おしゃれ」

6月30日(火)15時0分 オリコン

『ファイナルファイト』初プレイしたフィロソフィーのダンス・十束おとは

写真を拡大

 アイドルグループ・フィロソフィーのダンスの十束おとは、モデルで元『王様のブランチ』レポーターの竹内佳菜子が6月30日、オンライン上で行われた、ポータブルゲーミングPC『OneGx1』新製品発表会に登場した。
 『OneGx1』は、One-Netbook Technology社の初となるポータブルゲーミングPCで、デスクトップモード(小さいが本格的なゲーミングPC)、テレビモード(HDMI接続で迫力ある大画面でプレイ)、携帯モード(左右についたゲーム専用ジョイスティックでいつでもどこでもPCゲーム)、テーブルモード(画面をシェアして2人でゲーム)など、さまざまなプレイシーンにあわせて使える仕様になっている。
 十束は、ゲーム、アニメ、コスプレ、アイドルを愛する元ひきこもりのオタクキャラとして、ファンの間で親しまれており、ゲーム好きが高じ自作でパソコンまで作るほど。新製品を見て「見た目がかわいいというのと、これに反してフルスペック! ゲーマーとしてありがたいです」とアピールしながら興奮。
 製品を使ったゲームプレイでは、『カプコンアーケードコレクション』の中から「ファイナルファイト」をすることになり、十束は「私はプレイをしたことがないので、今、このドット絵を見るとすごいかわいい!」と新鮮なようで、「(1つの)PCで2人プレイできるのがびっくり! 旅行先に持っていてお友達と一緒にできるので選択肢が広がる」と驚いていた。
 いざ、プレイをしてみると「わっ、新鮮! 二人で遊べるって楽しいですね」と笑いながら「今見ると絵がおしゃれですよね。楽しいです! ふふふ」と楽しんでいた。

オリコン

「興奮」をもっと詳しく

「興奮」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ