スーパースローで爆乳躍動! Iカップグラドル柳瀬早紀、走高跳で過激な“乳揺れ“披露

7月1日(金)17時0分 メンズサイゾー

 Iカップの100センチバストで注目を集めるグラビアアイドル・柳瀬早紀(28)。彼女の"乳揺れ"がテレビで満喫できたとして話題になっている。


 ネット上のファンが歓喜の声を上げた番組は、6月29日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)。有名タレントらが唱える"説"の検証VTRと、スタジオでのトークで人気を集めるバラエティだ。


 この日、柳瀬は視聴者投稿による「巨乳 運動不向き説」を検証するVTRに登場。女性アスリートに豊満なバストの持ち主が少ないことなどから、"胸が大きい女性は運動が苦手"というイメージもあるが、実際にはどうなのかが試された。


 今回の企画には柳瀬のほかに、107センチのKカップバストを持つ吉沢さりぃ(31)やPカップバストの星間美佳(33)なども参戦。柳瀬がもっとも"貧乳"になるほどの巨乳メンバーがそろい、まずは90センチの高さに設定された走高跳に挑むことになった。


 世間のイメージを払拭すべく、参加者は意気込んで競技に臨んだが、最初の関門をクリアできたのは柳瀬だけ。彼女は「脚が当たるより、絶対バストがバーに当たって失敗すると思ったので、上半身を特に意識して飛びました」と得意げに話し、続けてバストと同じ100センチの跳躍に挑戦した。しかしバストの先端ではなく下乳の部分がバーに当たってしまい、あえなく失敗に終わった。


 参加メンバーの中で1番バストサイズの小さかった柳瀬のみが90センチの壁をクリアできたとなれば、"巨乳=運動オンチ"というイメージは正しかったことになりそうだが...。ネット上の視聴者はそんなことなど気にも留めず、柳瀬の豊満なバストが揺れまくった映像に大盛り上がり。タンクトップ姿で走高跳に挑戦した柳瀬の画像やループ動画はすぐさまアップされ、「こんな揺れは見たことない!」「おっぱいが躍動している」「テレビで"やなパイ"を満喫できるとは」「目に焼きついて離れない」などと興奮した声が相次ぐこととなった。


 さらに、その後のVTRで柳瀬が逆上がりに挑んだ映像が超スロー再生で流されると、「TBSのスタッフ有能すぎ」「視聴者の気持ちをわかってる」といった感謝のコメントが殺到した。放送終了後も今回の柳瀬の姿は、さまざまな「まとめ系サイト」に転載されることになり、男性ファンを刺激し続けている状況だ。


「『水曜日のダウンタウン』といえば、東京・三鷹市の100円ショップ『得得屋』にまったく取材をせず、『商品が売れていない』と放送して後日謝罪するなど、"ヤラセ"が指摘されることもあった。その一方で、『最近のバラエティの中では攻めてる』と好意的な意見も多く、毎週のように平気視聴率10%以上を記録しています。刺激的な企画の数々が好調の要因といえますが、その中には96センチのHカップバストを持つ鈴木ふみ奈さん(25)が挑戦した『グラドルが芸人の言うとおりに発言したらそこそこ面白い説』など、巨乳アイドルにスポットを当てた企画もあります。下ネタ的なコーナーが放送されることもあるので、今回の柳瀬さんらが好評となれば、番組サイドも"巨乳"を意識した企画を考えはじめるかもしれません」(芸能ライター)


 無意味に思える行動をする人が少ないことを検証する「マジで0人説」や、テレビゲームを実際に行ってみる「ゲーム×現実」など、シリーズ化されている企画も多い『水曜日のダウンタウン』。巨乳アイドルの挑戦企画が恒例となれば、柳瀬らにとって大きなチャンス到来となりそうだが...。
(文=愉快)

メンズサイゾー

話題をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ