吉川友、アイドルらしからぬ下ネタ連発! 「ゆるいんです、股が」「夜の営み」「床上手」

7月2日(月)13時0分 メンズサイゾー

 「ハロプロエッグ」出身のアイドル・吉川友(きっかわ・ゆう/26)が、先月30日放送の人気バラエティ『有吉反省会』(日本テレビ系)に出演。「普通にやっているつもりの体操が気持ち悪いこと」を反省し、スタジオで独特なストレッチを披露した。


 美ボディブームもあり、汗を流す姿をSNSに投稿する女性タレントも多い昨今。吉川もTwitterなどにストレッチの様子をアップしているが、その姿が「キモすぎる」と話題になっているという。彼女は、普通なら曲がらないはずの方向に膝を曲げているのだ。


 横座りの状態で片足を上げ、そのまま爪先を前方にぐにゃりと折り曲げる吉川。彼女にとっては「普通のストレッチ」だというが、膝が横に曲がっているような姿はかなり“ホラー”で、ファンから「キモい」の声が上がるのもうなずける。


 そのストレッチをスタジオで実際にやると、司会の有吉弘行(44)も、「やめなさい、やめなさい、やめて!」と悲鳴。さらに吉川は、うつ伏せになって両脚を膝から手前に曲げる大技を決める。これには見届け人の博多大吉(47)も、「平成最後のM字開脚!」と驚き。一般的なM字開脚は膝を立てた状態で股を開くが、今回の吉川はうつ伏せで寝ながら膝を逆に曲げて、見事な「M字」を見せた。


 トークでは、「そこ(脚)だけ柔らかいの?」と有吉に聞かれ、「下半身だけが柔らかいみたい」と返答した吉川。普通に座っていても脚が開いてしまうそうで、「ゆるいんです、股が」と誤解を招きかねない発言で番組を盛り上げる。その下ネタがウケたからか、「プライベートで(軟体が)役に立つことは?」とレギュラーのIVAN(34)に聞かれた際には、「もし役に立つとしたら夜の営みくらい」と、またもキワどい言葉を使うのだった。


 そんな吉川のことを有吉は、「アイドルっぽくないんだね」と指摘。続けて「バカなのかな?」と言うと、吉川は「言い間違い」をすることが多いと返す。その一例として、「笑い上戸」を「床上手」と恥ずかしい間違えをしたことがあると語った。


 その後、吉川は番組レギュラーのぱいぱいでか美(27)の席を狙っていると宣戦布告。これを受け、吉川に対する番組恒例の禊は「ぱいぱいでか美の衣装でこの後の収録に参加」に決定する。さっそく吉川は、でか美と同じ胸の部分がハート型にくり抜かれた衣装に着替えることになった。


 吉川がスタジオに戻ってくると、有吉は「可愛い! 華がある!」と大絶賛。これにでか美は複雑な表情を浮かべたところで、番組は終了となった。今後、吉川が『有吉反省会』ででか美と共演するかは不明だが、ふたりは8月8日にツーマンライブを開催する予定。そのイベントでは、吉川の軟体ぶりが見られるのかもしれない。


 

メンズサイゾー

「アイドル」をもっと詳しく

「アイドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ