見城徹氏 さだまさしは感情の琴線に触れる50年に一度の天才

7月3日(金)7時0分 NEWSポストセブン

 デビューして41年のさまださし(63才)。『秋桜』や『関白宣言』など数限りない代表作を生み出してきたさだまさし。最近では、『天皇の料理番』(TBS系)の主題歌も担当するなど、その人気はとどまることはない。


 さだの魅力とはいったいどんな点だろうか? 幻冬舎社長・見城徹さん(64才)に聞いた。


「テレビの企画でさださんと本を作ることに。本人を好きになれないとぼくは仕事できない。それでCDを買い込み、3日かけて全部聴いたんです。スゴイと思った。こんなに報われない人生を生きる人、誠実な人々の息遣い、足音、ため息をすくい取っている歌はない。そう思ったら涙がポタポタ落ちました。


 名曲は多いけど特に『風に立つライオン』はたまんないよね。彼は50年に1度の天才。喜びと悲しみの琴線にあそこまで触れる人はいないと思う。書くたびにどんどんうまく、感動的になっていく。彼の小説を1回読むとやめられない、中毒になる作家なんだよ。さだまさしは、どんなに忙しくてもゴルフには行く。これが気分転換になってるんだろうね」


 さらに、医師で作家の鎌田寛さん(66才)に聞いた。


「さださんはボランティア精神旺盛な人。誰かのために自分ができることをしたいと言い、実行しています。


 東日本大震災の直後、ぼくが南相馬に支援で入っていることを知ると連絡があり、6月に原町第二中学校(福島県南相馬市)の体育館で、ぼくの講演とさださんのミニコンサートが実現しました。校舎は避難所になっていた頃で、約1000人が集まり、さださんの歌と話にひきつけられた。“泣いて笑って、元気が出た”という人も多く、立ち上がるきっかけになったんです。


 被災に直面した時、“歌手には何もできないなあ”と言っていたのが印象的でしたが、どうしてどうして。泣いて笑ってバランスのいいトークと歌で、皆さんを励まし続けているんです」


※女性セブン2015年7月16日号

NEWSポストセブン

「見城徹」をもっと詳しく

「見城徹」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ