関ジャニ∞安田章大「髄膜腫」で手術の内幕と今後の懸念

7月4日(水)16時0分 NEWSポストセブン

安田章大の「髄膜腫」明らかになった関ジャニ∞

写真を拡大

 3か月前の4月15日。無数のフラッシュとシャッター音の前に関ジャニ∞のメンバーが並んだ。渋谷すばる(36才)が脱退を表明した会見である。同席した5人が目に涙を浮かべて悔しそうな表情を見せるなか、安田章大(33才)だけは「自宅で転倒して療養中」との理由で姿を見せなかった。


 デビュー15周年の記念イヤーに5大ドームツアーを控えてのメインボーカルの脱退。しかもその場に、誰よりもグループ愛が強く、誰よりも渋谷を慕っていた男がいないことに、報道陣はざわめいた。


 実はこの時、安田は都内有数の総合病院に入院していた。設立100年を超す由緒ある大学病院で、外観は歴史が感じられるレトロな造り。医療設備はもちろん最先端だ。都心ながら広大な敷地に病棟が立ち、病床は1500近くある。


 そこは、歌舞伎役者や俳優・女優、スポーツ選手など多くの有名人が通うことでも知られる。彼ら有名人が血液や尿など検体検査を受ける際、医療スタッフにも名前を伏せたければ、「タイガー・マスク」という偽名が使われる。それほど、病院側も著名人の扱いに馴れているという。


 その大学病院では、とくに脳神経外科は施設、スタッフとも充実しており、全国屈指の手術数で、世界でも最先端の治療が受けられる。安田はこの6月にも通院。現在も治療を続けている。


 7月2日20時ちょうど、安田は昨年2月上旬に脳腫瘍の一種である「髄膜腫」の摘出手術を受けていたことをファンクラブ会員向けサイトでのビデオメッセージで明らかにした。


 腫瘍は良性で手術は成功し、予後は良好で日常生活に支障はないが、今年4月9日に立ちくらみを起こして背中を強く打ち、背中と腰を骨折して全治3か月のけがを負ったことも明かした。渋谷の脱退会見を欠席したのは、そのけがが原因だった。


 努めて明るく振る舞ったが、彼を取り囲んだメンバーの心配そうな表情が印象的なビデオメッセージだったという。


 事務所は公式サイトで、7月15日から始まる全国5大ドームツアー14公演(札幌、名古屋、大阪、東京、福岡)については、


《本来のパフォーマンスをお見せすることはできませんが、今の安田にできる最大限のパフォーマンスをさせていただくことでご了承いただけますと幸甚に存じます》


 と説明した。


 冒頭の通り、関ジャニ∞は渋谷が今年12月31日でのグループ脱退を公表した。そんな中、6月24日に阪神競馬場で開かれた競馬レース「宝塚記念」では、横山裕(37才)、村上信五(36才)、錦戸亮(33才)が登場して君が代を斉唱し、渋谷が抜けた穴を埋めるようなパフォーマンスを見せたばかり。「新星・関ジャニ∞」を見せていた中で明らかになったアクシデントに、さらなる衝撃が広がった。


◆後遺症である「てんかん」の症状


 グループにとって安田の存在感の大きさは計り知れない。


「関ジャニはバラエティーの司会者として人気の村上くんや俳優業で頑張る横山くん、錦戸くんがグループの顔です。あまり知られていませんが、安田くんは関ジャニの楽曲制作やツアーグッズのデザインまで手がける天才肌。目立ちませんが、グループの結束力を強めるために欠かせない存在です」(音楽業界関係者)


 渋谷の脱退会見欠席後も、安田の「異変」は多く見られていた。6月6日には『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)の収録を欠席し、ファンからは「無理はしてほしくないけど、理由を言ってほしい」、「本当に心配すぎて涙が出る」との声が相次いだ。


 6月27日生放送の『テレ東音楽祭2018』(テレビ東京系)では、地元大阪の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」から歌を届けたが、2曲目の『キング オブ 男!』の歌唱中につらそうな表情を浮かべ、村上に支えられるシーンも見られた。


 脳腫瘍発表の前日に放送された『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)にも安田の姿はなかった。南相馬市立総合病院の脳外科医の嶋田裕記さんの説明。


「成人にできる代表的な脳腫瘍は、脳を包む骨の間の膜から腫瘍ができる『髄膜腫』と、脳自体に腫瘍ができる『グリオーマ(神経膠腫)』の2種類があります。安田さんがかかった『髄膜腫』は、初期には自覚症状がなく、腫瘍が大きくなると脳や脳から出る神経が圧迫されて症状が出てきます。『髄膜腫』の生じる部位によって症状は異なりますが、目の神経を圧迫すれば目が見えづらくなり、運動をつかさどる脳を圧迫すれば片方の手足が動かしづらくなります。ふらつきや頭痛、嘔吐、ときにてんかん発作などの症状も出ます」


 脳腫瘍は種類などにより1〜4までのグレード(悪性度)がある。グレード1が良性で、グレード2以上が悪性とされる。「髄膜腫」はほとんどがグレード1の良性。グレードが高いほど生存率が低くなるという。


 ビデオメッセージを見たファンによると、安田は「違和感があったので脳ドックを受けに行ったことで、(脳腫瘍を)早期発見できた」などと語ったという。


「違和感」については具体的に話していなかったようだが、頭痛や吐き気だとしたら、腫瘍は数cm以上に大きくなり、脳を圧迫していたと考えられる。


「昨年2月頭に都内のクリニックで脳ドックを受けて、髄膜腫が発見されました。その後数日のうちに、高度な治療が受けられる都内大学病院で診察を受け、すぐに手術となったそうです。10時間以上かかった大手術だったそうです。しばらくは入院し、退院後は投薬治療を続けていました」(安田を知る関係者)


 手術後に心配されるのは後遺症だ。のじ脳神経外科・しびれクリニックの野地雅人さんが続ける。


「脳腫瘍であれ脳出血であれ、脳にメスを入れることは何らかのダメージを残します。とくに脳は繊細な部位のため、見た目には完治したようでも、目に見えないダメージが残っている可能性があります。その後遺症の1つが、突然目の前が真っ暗になって意識消失やけいれんが起こる『てんかん』です。安田さんが背中を強く打ったという時も、たんなる立ちくらみではなく、術後の後遺症である『てんかん』の発作が起きて倒れてしまった可能性は否定できません。音楽番組でふらついたように見えたのも気がかりです」


 公式サイトでは《手術は無事に成功し、現在も経過は良好でございます》と説明され、実際に舞台やライブなどの仕事も予定通りにこなしてきた。


 だが、不安がすべて拭い去られているわけではないという。


「ときおり、激しい『めまい』に襲われることがあるそうです。人に支えられないと、まっすぐ歩くことも難しい体調のこともあるといいます。“立ちくらみ”で倒れてしまうことも、背中と腰の骨を折った1度だけなのか…。術後の経過はいいと本人は説明していますし、それらが脳腫瘍の深刻な後遺症なのかはわかりませんが、脳のことはまだ医学的にもわからないことも多い。メンバー含め、彼の周囲はかなり心配しています」(前出・安田を知る関係者)


※女性セブン2018年7月19・26日号

NEWSポストセブン

「関ジャニ∞」をもっと詳しく

「関ジャニ∞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ