『さらば愛しきアウトロー』C・アフレック、R・レッドフォードとの共演語るインタビュー映像「どのシーンも彼が入ると輝きを増す」

7月5日(金)18時0分 映画ランドNEWS

7月12日(金)公開の映画『さらば愛しきアウトロー』より、ケイシー・アフレックがロバート・レッドフォードとの共演について語るインタビュー映像が解禁となった。


さらば愛しきアウトロー


ハリウッドを代表する名優ロバート・レッドフォードの最新作であり、惜しまれつつも俳優引退作となる映画『さらば愛しきアウトロー』。銃は使うが誰一人傷つけず、2年間で93件もの銀行強盗を成功させた実在の人物フォレスト・タッカーを描く。


ロバート・レッドフォードと共演のチャンスを得たことについて、ケイシー・アフレックは「アメリカの宝であり伝説。皆の憧れだ。人間として素晴らしいし、才能にあふれた俳優でもある。だから共演する機会を逃す手はなかった。」と語る。さらに、昔から彼のファンであり、『ナチュラル』、『スティング』、『大統領の陰謀』、『逃亡地帯』、『大いなる勇者』、『リバー・ランズ・スルー・イット』などを好きな作品としてあげ、「同じ俳優としては希望を感じられるんだ。どうやって努力して、キャリアを積めばいいのか。彼が示してくれたからね。」と憧れだけでなく、俳優として尊敬の思いも語る。


実際にレッドフォードと共演してみて、「すごくドキドキした。どのシーンも彼が入ると輝きを増すんだ。本人に魅力があるのはもちろん、優秀で経験豊富な俳優だから、役に説得力がある。」とスター性に圧倒されたと振り返る。


また、俳優だけに留まらないレッドフォードの活躍については「出演や監督で良質な映画を生み出し(てき)た。例えば『普通の人々』など(がそのひとつ)だ。それにサンダンス・インスティテュートを設立して、若い映画監督や脚本家、製作者を支援してきた。」と映画界に数々の貢献をしてきたことを語る。


1989年にサンダンス映画祭で観客賞を受賞したスティーブン・ソダーバーグ監督も『セックスと嘘とビデオテープ』で頭角をあらわした。自身が演じるジョン・ハント刑事については「過去の犯罪をつなぎ合わせ、答えにたどり着いたんだ。多発した銀行強盗の犯人はフォレストだとね。実際彼に手錠をかけたのはジョンじゃないけど、事件を解くのに大きな役割を果たしたのは事実だ。」とハント刑事のキャリアで大きな位置を占める出来事だとコメント。その“フォレスト”については、「一種の理想像を心に抱いてたんだと思う。“暴力を使わない生涯現役の銀行強盗”だ。捕まることもどこかで望んでた気がする。彼なりの美学だ。」と分析する。映画で描かれている2人について、「2人の生き方を見てほしいね。ジョン・ハントとフォレスト・タッカーの人生だ。彼らはある種互いを補い合ってる。でもとにかく楽しい作品だ。」とインタビューを締めくくる。


タッカーを捕まえたいという思いの反面、フォレストの生き方にも魅力を感じているジョン・ハント刑事を演じるケイシー・アフレック。その演技には、アメリカの宝であり伝説のアウトロー、レッドフォードへのリスペクトが存分に込められている。



映画『さらば愛しきアウトロー』は7月12日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開


Photo by Eric Zachanowich. (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「共演」をもっと詳しく

「共演」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ