岡田准一、『ザ・ファブル』のヒットでアクションに開眼「もっと頑張りたい」

7月5日(金)13時30分 マイナビニュース

現在公開中の映画『ザ・ファブル』の大ヒット御礼舞台あいさつが4日、都内で行われ、主演の岡田准一をはじめ、木村文乃山本美月柳楽優弥が登場した。

主演を務めた岡田准一の世界基準アクションや、ハッピーな笑い、さらには超豪華キャストが共演して公開前から大きな反響を呼んだ本作。6月21日に公開初日を迎え、3日間の累計興行収入で約4億円、そして週末興行ランキングの邦画で第1位を記録するなど、大ヒットを記録している。

岡田は「結構たくさんの方に観ていただいてるということをすごくうれしく思っています。皆さんにとってスッキリできる映画になっていると良いなと願っています」とあいさつ。「日本のアクションを作るのは難しいんですが、日本でこういうアクションものをどう作れるのかチャレンジした作品です。まだまだ自分たちはできると思いたいですし、もっと頑張っていきたいです」と本作に続くアクション映画出演に意欲を見せ、「本当にこういうアクションものを皆さんに満足してもらえて、スタッフさんも含めて本当に喜んでいます。またお時間がある時、すっきりしたい時に観ていただけたらと思います」と訴えた。

この日の舞台あいさつでは、観客から寄せられた「もう一度観たいあのシーン」についてのクロストークを実施。「え〜? あれどこだっけ? (撮影が)去年の夏で1年経ったので記憶がね(笑)」という岡田だが、自身の印象に残ったシーンについて「最後の海老コジ(安田顕が演じた海老原と柳楽優弥が演じた小島)のシーンですかね。現場で見ていて好きだったんですが、僕はハケてドアから出た後に2人のお芝居がどんな感じなのか聞いていたのを覚えています」とあげた。

続けて「柳楽くんのお陰でこの映画がヒットしていると言っても過言ではありません。大事な役で遊べる役だったので、楽しそうにやっていたのを覚えていますよ」と柳楽を称賛。すると柳楽は「ありがとうございます」と恐縮しつつも、「またお願いしますよ(笑)」と共演を懇願していた。

南勝久原作の人気漫画を映画化した本作。圧倒的な強さと的確な手腕で狙った相手を6秒以内で仕留める"天才的な殺し屋"として裏社会で恐れられる通称"ファブル"(岡田)が、1年間殺し屋を休業して大阪で一般人の佐藤アキラとして普通の生活を送ることを余儀なくされた中、様々なトラブルに巻き込まれていく。

マイナビニュース

「岡田准一」をもっと詳しく

「岡田准一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ