吉本芸人のノーギャラ主張で…ザブングルが金銭授受を発表できなかった裏事情

7月6日(土)10時0分 アサ芸Biz

ザブングル_

写真を拡大

 令和元年の上半期、芸能界で最大の話題となりそうな「闇営業」騒動。カラテカ入江慎也が吉本興業を契約解消となり、雨上がり決死隊宮迫博之、ロンブー田村亮らが謹慎という形でお灸をすえられているが、普段から仕事が多いとは言えない若手や二番手グループの芸人たちには「先輩の言うことを断れなかったのでは?」「直の仕事がなければ食べられないはず」と同情の声もあった。

 そんな中、同じ闇営業に参加していたお笑いコンビ、ザブングルに関して、所属するワタナベエンターテインメントが謹慎期間を8月末までと発表。その理由や今後の対応に関して、かなり詳細で真摯な文面を発表している。

「内容としては、ザブングルの2人は報道後すぐに金銭の受領、つまりギャラがあったことを認めて反省しているとのこと。そして修正申告も済ませ、その金銭はしかるべきところに寄付する。今後、2人がボランティア活動もするという決意や、会社自体もコンプライアンスの強化を約束しました。こうした対応を、坂上忍もMCを務める『バイキング』(フジテレビ系)で絶賛していましたが、確かに世間を納得させるに足る説明でしたね」(女性誌ライター)

 その一方で、ザブングルが金銭授受をすぐに公表できなかったのは、吉本の芸人たちがノーギャラを主張したためだったという事実が浮き彫りに。その調査が終わるまでは勝手に発表できないとの判断だったとのことで、双方の事務所の対応の差に世間も呆れているようだ。

 ザブングルは熊本の介護施設でボランティア活動をすると発表。対して吉本芸人は…? もし、ザブングルが正直に認めていなかったら、吉本芸人はノーギャラで押し通すつもりだったのか…という懐疑の声さえ出ている。謹慎中の吉本芸人は、どのように挽回してみせるのか?

(小机かをる)

アサ芸Biz

「芸人」をもっと詳しく

「芸人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ