横浜流星、清原果耶とのポーズは「ノリで…」『愛唄』への熱い思い語る

7月6日(土)20時32分 マイナビニュース

俳優の横浜流星が6日、都内で行われた主演映画『愛唄 −約束のナクヒト−』Blu-ray&DVDの発売記念トークイベントに、丸山文成プロデューサーとともに登場した。

GReeeeNの楽曲「キセキ」の誕生までを描いた映画『キセキ −あの日のソビト−』(2017年公開)。それに続く第2弾となる本作は、「キセキ」と双璧をなすGReeeeNの名曲「愛唄」に込めた思いを映像化し、恋に出逢った若者の成長により生まれた「愛唄」という奇跡を描く。

メイキング写真を投影しながら、撮影時を振り返る横浜。「クランクインの前日はいつも寝れないんですよ」と明かすと、集まったファンからも驚きの声があがる。実際の高校時代は「2年生から(烈車戦隊)トッキュウジャーに捧げた」という横浜は、「『トッキュウジャー』でこの世界生きてこうと決めたので。1年間役と作品に向き合うことってなかできない経験だし、そこで芝居の面白さにも気づいた。ちょうど大学進学を考えるときに、親と相談して『やりたいことをやれ』と言ってくれて、今やりたいのは芝居だなと思ったので、この世界で生きてこうって決めましたね」 と振り返った。

『トッキュウジャー』について丸山プロデューサーに聞かれると、横浜は「原点ですね。まだ初々しい棒読みだったりとか。キメキメだし、クールでかっこつけてるんで」と照れ笑い。「ちょうど5年ぶりにみんなで会ったんですよ。(志尊)淳もいました」と語る。

しかしスクリーンに、夜明けのシーン撮影後の清原果耶とのポーズが映し出されると、「これはトッキュウジャーじゃないです! 朝一だったし、テンション高くなっちゃって、その場のノリで作ったポーズです」と弁解していた。

飯島がギターと歌声を披露する場面では、「すごく大事なところだったので、『飯島、お前にかかってるぞ』というプレッシャーをかけたりして」とニヤリ。「期待以上のものを見せてくれたので。撮影も終盤だったし、感情がこみあげてくるものがすごくあって、龍也(飯島)の顔もすごくいいし、ストレートに来て、涙が止まらなかった」と真摯に語る。しかし、リハーサルと飯島寄りの撮影で泣きすぎてしまったために「徹(横浜)側撮るときは、もう枯れちゃってるんです。だからそんな泣いてないかもしれないです」と苦笑した。

飯島については「『仮面ライダー(エグゼイド)』が終わってすぐでしたからね。彼もすごく悩んでて、悩みも共感できるから」と説明。「彼の吸収力と素直さにすごく刺激をもらったというか。すごく明るくて、一見かっこつけてるんですけど、それがすごくかわいくて。現場を明るくしてくれたありがたい存在です」と表した。

また「泣き芝居が得意じゃない」と言いつつも、「『愛唄』きっかけで涙が流せるようになった感じです。『はじこい』(『初めて恋をした日に読む話』)もそうですし。感情を少しずつ解放できてきたのかな」と明かす。クランクアップ時のコメントが長すぎたという丸山プロデューサーからの指摘には、「1時間くらい話してた。愛唄に対する思いが強すぎて。周りが帰りたそうにしてたのわかってんたですけど、『いや、自分の思いを全部話す!』と思って、1時間くらいかかった」と、同作への思いの強さをうかがわせた。

マイナビニュース

「横浜流星」をもっと詳しく

「横浜流星」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ