「ULTRAMAN」神山健治×荒牧伸志でフル3DCGアニメ化、2019年春に世界同時配信決定

7月6日(金)14時17分 おたくま経済新聞


 新作アニメーション作品「ULTRAMAN」が2019年春、Netflixにて世界同時配信されることが決定。株式会社 円谷プロダクションとフィールズ株式会社が発表しました。

 「月刊ヒーローズ」で連載中のコミックス「ULTRAMAN」をフル3DCGアニメーション化する本作は、アメリカ・ロサンゼルスで7月5日(現地時間)から開催中の「Anime Expo 2018」内、Netflixパネルで紹介されました。

 監督は「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズの神山健治と、「APPLESEED」の荒牧伸志の2人体制。制作はProduction I.G×SOLA DIGITAL ARTSが担当。

 また、アニメ版初の商品化として、コトブキヤからプラモデルの発売が決定。「Anime Expo 2018」内、コトブキヤブースにて新商品化を発表。全高約160mmのボディに、抜群のアクション性と腕部スペシウムブレードの他多数のギミックを搭載したモデルとして鋭意開発中とのこと。7月29日に幕張メッセで開催される「ワンダーフェスティバル2018[summer]」内、コトブキヤブースでは原型展示が行われます。



■アニメ「ULTRAMAN」制作スタッフ

タイトル:ULTRAMAN

監督:神山健治×荒牧伸志

制作:Production I.G×SOLA DIGITAL ARTS

(C)円谷プロ (C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (C)ULTRAMAN製作委員会

情報提供:株式会社円谷プロダクション

おたくま経済新聞

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ